那須川天心

写真拡大 (全13枚)

格闘家・那須川天心が19日、男性ライフスタイル誌「Safari」による『Safari Athlete Dresser Award(サファリ アスリート ドレッサー アワード)』で、競技・ライフスタイルともに輝いたアスリートとして、表彰された。

この表彰式は、世界大会や国内リーグで活躍した、各競技のアスリートたちの中から、今やファッション面でもそのスポーツ界を牽引するであろう面々が選考されたものだ。

8回目となる今回は、那須川の他に、ラグビー・山中亮平、野球・小林誠司、ゴルフ・柏原明日架、バスケットボール・田中大貴も選ばれ、トロフィーを受け取った。なお、サッカー・槙野智章とラグビー・姫野和樹も受賞者だったが、都合により欠席していた。

▼ 山中亮平、小林誠司、柏原明日架、那須川天心、田中大貴

2019年の活躍として、大晦日に行われた格闘技イベント「RIZIN.20では、江幡塁を1R・TKOで勝利した」ことが会場でアナウンスされた、那須川。「他にたくさんいるアスリートの中から選ばれて、嬉しいです」とニッコリ笑った。

そして、ファッション面の中心は「いつもは、ゆるめのストリート系の服を着ています」と言い、「今日は、めったに着ないライダースジャケットを着用してきました」と明かした。

「今日、この中でも身長が一番低いと思うので、自信が無かった」と内心をのぞかせつつ、「でも、自分で言うのもアレなのですが、似合っていると思った。このライダースジャケットに輝かせてもらっている感じです。なので、これからは自信を持って着こなしたいです」としなやかにポーズを決めていた。

▼ 那須川天心

▼ 山中亮平

▼ 小林誠司

▼ 柏原明日架

▼ 田中大貴