16日、合成麻薬MDMAを自宅で所持していたとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された沢尻エリカ容疑者について、警視庁が尿検査による簡易鑑定は「陰性」であったことを明らかにした。今後、本鑑定を進め、使用の有無について調べていく方針だ。

 沢尻容疑者の東京・目黒区の自宅にあったアクセサリーケースからは、白っぽい粉末が入った風邪薬のカプセルが2錠見つかっており、そのうち1錠を所持していた容疑が持たれている。なお沢尻容疑者は「私のものに間違いありません」と容疑を認め、取り調べに素直に応じている。(AbemaTV/AbemaNEWS)