【唐鎌 大輔】通貨異変、日本円がここへきて「人気凋落」が止まらないワケ 地盤沈下が始まった

写真拡大 (全3枚)

「日本円」と「東京」の不人気

今年も残すところあと1か月半となったが、勢いづいたとはいえ、ドル/円相場は年初からのレンジ(8.30円)を抜け出られてはいない。

〔photo〕gettyimages

ここから年内の大きなイベントは用意されておらず、「2年連続での史上最小値幅を更新」という結末が現実味を帯びている。

こうした動意の無さは「売り買いが拮抗している」ことの結果という説もあれば、AI(人工知能)による高速売買で値幅が狭くなっているという説もあり、本当のところは分からないが、そもそも「人気が無い」ことの結果ではないかという説もある。

これは今年9月に発表された国際決済銀行(BIS)による3年に1度の外為調査『Triennial Central Bank Survey - Foreign exchange turnover』をみれば、恐らく真実に思えてくる。

同調査では日本円(以下単に円)の凋落がはっきりと浮き彫りにされている。


拡大画像表示

具体的には通貨別の取引高シェアを見ると、円の取引シェアは今回調査で8.4%と過去5回分(15年分)の調査で最低を記録している。

ちなみに上図にあるように、取引シェア上位4通貨は米ドルを除けば15年前の調査(2004年)から比較すればシェアは落としているが、前回調査(2016年)からシェアを落としたのは円だけである。

明らかな地盤沈下

通貨ペアで見てもトップのユーロ/ドルが23.1%から24.0%に上昇しているのに対し、これに次ぐドル/円は17.8%から13.2%へ幅を持ってシェアを落としている。

そのほか3位のポンド/米ドルが9.3%から9.6%へ、4位の米ドル/豪ドルが5.2%から5.4%へ、5位の米ドル/カナダドルが4.3%から4.4%へ、6位の米ドル/人民元も3.8%から4.1%へ上昇している。

ようやく7位の米ドル/スイスフランになると3.6%から3.5%へ低下しているが、その低下幅は日本円のそれに比べれば小さなものだ。やはり「円離れ」の機運は感じざるを得ない。

そもそも東京市場の地位が落ちているという事実も見逃せない。

取引時間帯や言語の問題など解決が難しい論点が指摘されているが、後述するように、やはり取引の主役になるはずの円に全くテーマ性が感じられなくなっていることも影響しているだろう。


拡大画像表示

上図にあるように、15年前にシェア8.0%で世界第三位の為替市場だった東京の地位は2019年時点で4.5%と5位まで落ち込んでいる。

文字通り、地盤沈下の様相を呈しており、シンガポールや香港の後塵を拝している。

もちろん、こうした傾向が次回(3年後)や次々回(6年後)の調査も続くどうかは定かではないが、2016年から2019年にかけて為替市場全体の取引が5.10兆ドルから6.59兆ドルへと約+30%も増えているにもかかわらず、円や東京市場の存在感は低下していることは相応の深刻さを孕んでいるように思える。よほど「面白くない通貨ペア」と思われているのだろうと想像される。

「動かない→儲からない→取引しない…」の悪循環

今回のBIS調査では、こうした円の不人気について「大部分は重要なドル/円ペアの低ボラティリティーによるもの」と分析している。

確かに、ドル/円以外のユーロ/円や豪ドル/円といった主要なクロス円通貨の取引は過去3年で増えており、ドル/円の不人気が円全体の不人気を象徴していることが分かる。

また、円全体の取引高からすれば小さな存在だが、証拠金取引を好む個人投資家が好みやすい高金利通貨を対象とする取引も世界平均を超えるペースで増えている。

例えばトルコリラや南アフリカ、ブラジルレアルといった通貨であり、これら3通貨を対象とした円取引の平均取引高(日次)が「2016年の70億ドルから2019年は120億ドルへ膨らんでいる」とBIS調査では指摘されている。

今や個人投資家でも多くの取引通貨を選択可能な時代になったため、こうした動きは必然と考えるべきなのだろう。「短期で手っ取り早く儲けたい」という誘因が強そうな個人投資家がわざわざ「動かない通貨ペア」を選ぶ理由は無い。

こうしたBIS調査の結果を見る限り、近年のドル/円相場が極小レンジに収まっている背景には「相場のアヤを取りにくいドル/円ペアではなく、もっと派手な動きをする通貨ペアが良い」という投資家の思いが反映されている可能性が推測され、端的に言えば「ドル/円相場は動かなくてつまらない」という思いの結果ではないかと思えてくる。

もちろん、「何故、動かなくなったのか」という根本的原因を究明すべきではあるが、「動かないから儲からない。儲からないから取引しない。取引しないから動かない」という悪循環に嵌まっており、ドル/円相場を突き動かす起爆剤でもない限り、現状が容易には変わらなそうだという認識は持ちたい。

「円の不人気」だからと言って円安シナリオなのか?

「円の不人気」の背景にそもそも動かなくなってしまった相場があるとして、その根本的原因はどこにあるのか。

(1)そもそも円(≒日本経済≒アベノミクス)にテーマ性がない、(2)基礎的需給が拮抗しており「振れ」が構造的に出にくい、(3)金利が消滅している通貨を触る理由が無い(だから取引自体が細っている)などあろうが、正解は分からない。

しかし、上述したような悪循環に嵌まっており、「円の不人気」がさらに動かない相場を助長にしているという可能性は留意したい。

なお、調査対象となった4月は今年の中でもとりわけ動意のない時期だったが、冒頭述べたように、結局は史上最小レンジという状況が足許で変わっているわけではないため、恐らく他の月で調査をしても結果に大差はないだろう。

しかし、「動かない理由」を分析したところで今後の論点が米経済、ひいては米金利の行方にあることには変わりない。為替市場における「円の不人気」は覆い難い事実になりつつあるものの、「なかなか円高にならない」ことをもって円安シナリオに鞍替えすることが適切なのかどうかは逡巡するものがある。

本欄は「円の不人気」がテーマゆえ、2020年見通しは別の機会に譲るが、世界的に物価が上がりづらくなっており、それゆえに中央銀行が利上げを検討しづらくなっている情勢は何ら変わっていない以上、「FRB利上げ→米金利上昇→円安・ドル高」という展開も難しいのではないかと筆者は思っている。