相葉雅紀

写真拡大 (全4枚)

 日本武道館が使えなくても、今年も開催された「24時間テレビ42」(日本テレビ)。終わってみれば、番組全体の平均視聴率は16・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と昨年の15・2%を上回る歴代13位に。駅伝最終ランナーのいとうあさこ(49)が両国国技館へ向かうラストスパートでは、瞬間最高視聴率39・0%(昨年は34・7%)を記録するなど、日テレのバラエティ班は大喜び。だが、渋い顔をしている部署もあるそうで……。

 ***

【写真】大野智「頑張った分だけ自由自在になれる」

 日テレ関係者が語る。

「実は日テレでは、世帯視聴率よりも個人視聴率が重視されています。広告収入に直結しますからね。ですから8月28日の開局記念日に行われる表彰の基準も、個人視聴率8・5%以上となっていました。で、今年の『24時間テレビ』の平均個人視聴率は9・9%、『24時間テレビ』では歴代6位でした。表彰基準もはるかに上回っただけに、バラエティ班は大喜びという訳です」

相葉雅紀

 結構なことではないか。

「ただね、欲を言えば、個人視聴率で10%の大台、16・5%だった世帯視聴率も、あと0・5%は上がったんじゃないかと言われているんです」

 どこかが足を引っ張ったとでも?

「そうです、それがドラマ班ですよ。つまりの相葉雅紀(36)が主演したドラマスペシャル『絆のペダル』の数字が良くなかったんです」

「24時間テレビ」のドラマスペシャルといえば、初日(土曜日)の夜9時頃から始まる単発の2時間ドラマ。番組の看板でもあり、チャリティ番組だけに闘病のノンフィクションを描くことが多い。今年の「絆のペダル」は、自転車のロードレース選手・宮澤崇史さん(41)が、肝臓を患った母に生体肝移植しながらも、選手に復帰するまでを描いたノンフィクションだった。ちなみに視聴率は18・0%だ。むしろ番組全体の平均視聴率を押し上げるのに、十分貢献をしている。とても足を引っ張ったとは思えないが、

「18%じゃダメなんですよ。最低でも20%はいってくれないと……」

【表1】24時間テレビ 歴代ドラマスペシャル ベスト5

嵐で唯一の20%割れ

 これまで「24時間テレビ」で放送されたスペシャルドラマの視聴率ベスト5を挙げると【表1】のようになる。

【表2】24時間テレビ ドラマスペシャル ワースト5

 たしかに、1位の「小さな運転士 最後の夢」(主演・阿部寛[55])は、26・6%も取っている。この年の番組平均は19・0%で、歴代最高だった。

「最近は24時間以上放送していますが、そのうちの2時間と言えど、ドラマは見始めたら最後まで見てもらえますからね、全体の視聴率を押し上げる効果があります。やっぱり阿部ちゃんみたいな、ちゃんとした役者を使わないとダメなんですよ」

「24時間テレビ」のドラマスペシャルが始まったのは第3回(1980年)放送からだ。記念すべき第1作「機の音」の主演はなんと、森繁久彌(1913〜2009)と北林谷栄(1911〜2010)。脚本は倉本聰(84)という贅沢な布陣だ。

【表3】24時間テレビ 嵐のドラマスペシャル

 第2作(81年)の「いのち・ひとつ」の主演は大原麗子(1946〜2009)で原作は映画監督の新藤兼人(1912〜2012)。

 第3作(82年)の「スリーマンにアタック!」の主演は若尾文子(85)……再放送してもらえないか、と思うほど。

「ここ10年以上はジャニーズの主演が続いていますけどね。まあ、上位5位を見てもジャニーズがほとんどですから、アイドルでも数字は取れるわけです。2年前にKAT-TUNの亀梨和也(33)を主演で撮った『時代をつくった男 阿久悠物語』は、闘病ものではない作品でしたが、25・6%を取った。それで、昨年も2匹目のドジョウを狙って、『ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語』をSexy Zoneの中島健人(25)を主演で使ったのですが、大失敗。それで今年は闘病ものに戻した訳ですが、それも上手くいかなかった。やっぱり人気があって、演技も上手くないと、ダメなのかもしれません」

 ならば、スペシャルドラマのワースト5位を見てみよう。

 主演作が2本もランクインしているタッキーこと滝沢秀明(37)が、経営者に転じたのは正解だったかもしれない。そして、昨年の「石ノ森章太郎物語」が2位、今年の「絆のペダル」は3位である。嵐では櫻井翔(37)を除き他のメンバーもスペシャルドラマで主演をしている。嵐メンバーの作品を並べてみると、こうなる。

 相葉クン、メンバーの中でも唯一の20%割れとなってしまったようだ。

「実を言うと、日テレで相葉クンが主演した連ドラは1本しかないんです。それが12年の『三毛猫ホームズの推理』で、初回は15・9%を記録しました。しかし、それが最高で、最終的には平均12・8%に。12年といえば、同じ嵐の二宮和也クン(36)がスペシャルドラマの主演をしていますが、この頃なら相葉クンでも数字はそこそこ取れたかもしれませんね。二宮クンはすでに役者として認められていますが、相葉クンはそこまでではない。また、これは嵐全体に言えることですが、彼らは個人視聴率はいいのに、世帯視聴率が伸びないのです。おそらく、お母さん世代とその娘さんなど女性ウケはいいのに、男性からの人気がそれほどでもないからでしょうね。そのあたりが今年は響いたのかもしれません」

 相葉クンは肩身が狭いかも。

週刊新潮WEB取材班

2019年8月29日 掲載