バドミントン日本女子ダブルス 決勝で逆転勝利し41年ぶりの金メダル

ざっくり言うと

  • バドミントンの世界選手権は5日、女子ダブルス決勝が実施された
  • 初出場の永原和可那・松本麻佑組が、福島由紀・広田彩花組に逆転勝利
  • この種目で日本勢は1977年以来となる41年ぶりの金メダルを獲得した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x