九州電力は1日、玄海原発3号機の配管に直径約1センチの穴が見つかったことを明らかにした。2次系配管での蒸気漏れトラブルを受けて実施した点検で発見したという。共同通信が報じた。

 九電は穴が開いた原因などを調べており、2日も点検を続ける。点検期間は未定としている。

玄海3号に直径1センチの穴 九電、蒸気漏れ配管で確認(共同通信)