カヌー薬物混入事件はなぜ起きたのか(鈴木康大選手。AFP=時事)

写真拡大

 カヌーの国内トップ選手だった鈴木康大(32)が、ライバル選手に禁止薬物を飲ませるという前代未聞のスポーツスキャンダル発覚から1週間──鈴木のごく近しい人たちも悔恨と困惑の日々を送っていた。鈴木が所属していた会社の社長で義父でもある男性が、その胸中を吐露した。ノンフィクションライター・柳川悠二氏がリポートする。

 * * *
 福島県二本松市の中心部から車で30分離れた新興住宅地は、数日前の喧騒が嘘のように寂れた日常を取り戻していた。

 早朝に氷点下6度を記録したこの日(1月15日)、鈴木の自宅には人の気配がなかった。元カヌー選手だった妻(綾香さん)と共に営んでいた、自宅に隣接するスポーツジム「DREAM」も閉められていた。

 そこへトラックに乗って現われたのが、鈴木の義父、久野浩二氏(55、久野製作所社長)だった。

「ジムは閉鎖したわけではありません。今朝も20名ほどのシニアの方々に利用いただいておりました。ところが、どうも水道が凍結してしまって。それでいったん、閉めているんです。康大(鈴木)は今、ここにおりません。私が『出て行け』と言ったわけではないですよ。正月に一晩だけ帰って来ましたが、捜査も続いておりますので、(実家のある)千葉におります。娘(綾香さん)も事件が公になってからは、ここにいません。康大とは別の場所で、3人の子どもたちと一緒におります。今回は康大が世間を騒がせ、大変申し訳なく思っております」

 鈴木が愚行に走ったのは、昨年9月11日のこと。石川県で開催されていたカヌー・スプリント日本選手権で、代表を争う小松正治のドリンクボトルに筋肉増強剤「メタンジエノン」を混入させた。小松はレース後の検査で陽性反応を示し、ドーピング違反に問われてしまう。

 11月に入って、鈴木は良心の呵責から日本カヌー連盟の専務理事に事実を告白。8年前から、ライバル選手たちの練習器具や競技中に使用するパドルを盗んだり、壊したりするような悪質な嫌がらせ行為を働いていた事実も打ち明けた。

 結果、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は暫定的だった小松の資格停止処分を解除。一方の鈴木は8年間の資格停止処分となった。事実上の永久追放だろう。

 スポーツ選手のスキャンダルは数あれど、ライバルを蹴落とすために、何かしらの愚行に及んだというのはレアケースだ。記憶する限りでは、1982年に発覚した協栄ジム・金平正紀会長(当時、故人)が、相手陣営に薬物入りのオレンジジュースを飲ませた“毒入りオレンジ事件”ぐらいではないか。

 自ら申し出たとはえ、鈴木が犯した行為に同情の余地はない。

◆「家族が重圧になってしまった…」

 久野氏が事件の詳細を知ったのは、鈴木が連盟に電話を入れる前夜のことだったという。「お父さん、大変なことになった」と、娘から報告を受けた。

「天と地がひっくり返ったような驚きでした。最初は信じられませんでしたが、本人に問い質すと、『間違いありません』と。私の力ではどうしようもありませんでした。時間を元に戻すことなどできませんから、やってしまったことに対してJADAや警察に報告する義務がある。しっかり責任を果たしなさいと伝えました」

 鈴木の自宅とジム、そして久野氏の自宅は軒を連ねている。鈴木が悪質な行為に手を染めていたことを「いまだに信じられない」と久野氏は話す。

「普段はお酒を飲まないし、乱暴な言葉を発するようなこともない。子どもたちにもなつかれています。むしろもう少し不真面目なところがあれば……チームメイトを陥れようという気持ちにもならなかったでしょうし、陰湿な行為にも走らなかったと思います。真面目過ぎたからこそ、このようなことになってしまったのかなと……」

 鈴木は、2008年北京五輪のカヤックフォアで6位に入った実績を持つ綾香さんと結婚。2016年のリオ五輪出場の夢を果たせなかった鈴木は、同年に現役を引退。ふたりは福島に建てた自宅に住み、鈴木は久野氏が社長を務める会社に所属するようになった。

 しかし、しばらくして東京五輪を目標に現役復帰を決意し、同時期には自宅の隣にジムを建設。同所でトレーニングに励みながら、インストラクターとして地元住民への指導も行っていた。

 現役復帰やジムの経営はいずれも、義父の支援がなければ実現できなかったことだ。

「おかげさまで、娘はオリンピックに行かせてもらいましたが、康大の夢はかなわなかった。いずれ後輩を指導する上でも、ふたり揃ってオリンピックに出たという経歴を持っていれば、後輩の指導にあたる上でもきっと役立つはずです。だから私も、『頑張れるなら頑張れ』と復帰を後押ししていたんです。ジム開設の目的には、地元の子どもたちの中から娘に続く選手がひとりでもふたりでも出てくれたら、という思いもあった。別にカヌー選手じゃなくてもいいし、オリンピックに出場するような選手でなくてもいい。この田舎からスポーツの大会で活躍する選手が誕生すれば、地元への恩返しになる」

 しかし、そうしたサポートが、今回の事件の引き金になったとも、久野氏は自戒するのである。

「事件の詳細を知ってから、しばらく時間が経過する中で、いろいろな考えが頭を巡りました。私が過剰に応援しすぎたために、康大にしてみればそれが“オリンピックに出なければならない”というプレッシャーとなっていたのだと思います。私も反省しなければなりません」

◆「禅の道で鍛え直す」

 久野氏は自身が社長を務める会社に鈴木を所属させていたが、事件の公表を前に解雇した。

「昨年12月に解雇しました。年明けに発表されることは耳にしておりましたので、もうスポンサーとして支援することはできない。雇用関係はなくなりましたが、事件当時は私の会社に籍がありましたし、父子(おやこ)の関係というのはなくなるものではない。私も社長として、あるいは親として、一緒に罰を受けなければならないと思っております」

 他選手からの金銭の窃盗などは示談となっており、今後、鈴木が刑事罰に問われる可能性は低いだろう。

「羽根田(卓也)選手がリオ五輪で銅メダル(スラロームの男子カナディアンシングル)を獲得して、カヌー界が東京五輪に向けてさあこれからだという時に、息子が水を差してしまった。本当に、お詫びしてもお詫びしきれません」

 鈴木と綾香さんは現在、別居している。

「康大とも、娘とも、そういう(離婚するという)話はしておりません。夫婦間の問題ですから、私らが何かしら進言することはありません。当事者たちが話し合って、方向性が決まったなら、それに対して助言はしたいと思っています」

 鈴木の今後には困難な道が待ち受けるだろう。カヌー界に居場所があるはずもない。

「彼はカヌーしかやってこなかった人間です。たとえば、違う分野で飯を食おうと思っても、並大抵のことではないでしょう。だからといって、私の会社に戻すこともできない。彼のこれからに関して、たとえば僧侶となって、一から禅の道を歩むというのも、自分自身に置き換えて考えたりしております。預かっていただける、有り難い方がいらっしゃれば。禅寺で精神を鍛え直して、ご飯だけでも食べさせてもらって。何年かかるかわからないですけど、そういう道が残されているのかなと。一連の捜査が終わって、ケジメをつける段階となったら、彼に提案してみたい。彼は彼で、反省をしながら、悩み苦しんではおると思うのです。私は彼を突き放すつもりはありません。知恵を与え、親として力になっていきたい」

 インタビューは澄み切った青空の下、スポーツジムの前で行った。およそ30分の間、久野氏の目元には大粒の涙があふれていた。

「これは決して悔しくて泣いているわけじゃないんです。どうも目が太陽に弱くて、紫外線にさらされ続けると、涙が出てしまうんです」

 五輪を目指すために鈴木が8年間も手を染めてきた悪質な行為の数々は、愚劣の一言に尽きる。彼が自ら踏み入れた闇に光を灯す人は果たして現われるのだろうか。
(文中一部敬称略)