FacebookとTwitterで100万人規模のスパム ――被害はインドとフィリピンに集中 【役立つセキュリティ】
エフセキュア・コーポレーションのセキュリティ研究所でセキュリティ・アドバイザを務めるショーン・サリバンが、FacebookとTwitter上で5日間にわたり蔓延した怪しいソーシャル・スパムを発見し、ブログで紹介しています。


このソーシャルスパムは、様々な数値パラメータを使用して短縮リンクサービスを提供している「bit.ly」によるショートリンクを用いており、ユーザのIPアドレスとクリックされるリンクにより、ユーザはchatpreview.meなどの2つの異なるリンクに誘導され、そこで「ChatSend」というブラウザのツールバー・プラグインをダウンロードするよう促される仕組みとなっています。

上記は、「WindowsとMac、どちらも歓迎」となっており、同ダウンロードをどのくらいの人々がインストールしたかは分からないものの、すでに100万人ものユーザがこのスパムリンクをクリックしていることがわかっています。「bit.ly」の統計を見ると、大部分のクリックはインドとフィリピンにおける被害が最も大きいことがわかります。

続きを読む

エフセキュアブログを読む
エフセキュア公式ページ

本当に役立つセキュリティの記事をもっとみる
トロイの木馬を買う政府はどこ?招待者限定の秘密イベントに潜入
世界中でやり取りされているE-mailの約97%はスパムメール
狙われる日本!防衛産業を襲う標的型攻撃メール
謎らだけの標的型攻撃「Duqu」についてセキュリティ専門家に聞いた
大忙しのハッカー集団「Anonymous」

エフセキュア インターネットセキュリティ 2012 3PC 3年版エフセキュア インターネットセキュリティ 2012 3PC 3年版
エフセキュア(2011-11-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る