ヴェンゲルがベンゼマの獲得を示唆「好きな選手だ」

写真拡大

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は、レアル・マドリードのフランス代表FWカリム・ベンゼマが“好きなタイプのプレーヤー”であるとコメントした。イギリス紙『ミラー』が報じている。

 ヴェンゲルは23歳のベンゼマについて、「外側から見ていて、獲得が不可能だとは思えない。彼は私が好きなタイプのプレーヤーだ。動きに知性が感じられるし、連動して違いを作ることができる。世界トップレベルにあるプレーヤーだと思うね」とコメント。強い関心を抱いていると明かした。

 ベンゼマは今シーズン、リーグ戦で15得点を挙げたものの、40ゴールをマークしたクリスティアーノ・ロナウドの陰に隠れ、存在感を示せず。出場試合数は33試合だが、先発は20試合と、絶対的な存在となるまでには至らなかった。このため、今夏にイングランドへ移籍するのではないかと噂されている。

 なお、アーセナルはベンゼマを獲得するためには最低でも2000万ポンド(約26億円)が必要となると考えられている。

【関連記事】
プレミアリーグがCLプレーオフ導入を検討もマンUらは拒否
香川のドルトムントが来季ブンデスのオープニングマッチに登場
長友が“世界最高のSB”の後継者に? インテルがマイコン放出を検討
ファーガソン、V・D・サールの後継者としてデ・ヘア獲得を明言
イタリア人記者が分析「レオナルドが長友的な選手を必要としていることはあきらかだ」