新型コロナウイルスの影響で生活苦に陥る人が増えている。このうち特に苦しいのがキャバクラなどのナイトビジネスで働いていた女性たちだ。ライターの富士弥勒氏は、「キャバ嬢が風俗店の面接に訪れる動きが目立っている。貯蓄のない女性たちが追い詰められつつある」という--。
写真=時事通信フォト
飲食店などが並ぶ東京・歌舞伎町。政府は25日、新型コロナウイルス感染症対策本部を首相官邸で開き、東京、神奈川、埼玉、千葉、北海道の5都道県で続いていた緊急事態宣言について、月末の期限を待たず解除した。=2020年5月25日、東京都新宿区 - 写真=時事通信フォト

■日給が途絶えると追いつめられるのはあっという間

緊急事態宣言に伴う「休業要請」によって、都市部のキャバクラや風俗店の多くが経営危機に直面しているのはご存じのとおりだ。

しかし、この状況が風俗業界、さらには売春市場に少なからぬ影響を与え始めていることはあまり認知されていないのでは?

いったい、どういうことなのか。順を追って説明していこう。

営業自粛により軒並み窮地に立たされているキャバクラだが、キャバ嬢個人に目を向けると、必ずしも全員がピンチに陥っているわけではない。

昼職、すなわち会社員などの一般的な仕事と掛け持ちをしているキャバ嬢は、経済的にも精神的にも比較的に余裕があるからだ。営業自粛を機に、昼職への転職を成功させたキャバ嬢も同様である。

一方、悲惨なのはキャバクラ1本で生活し、かつ、これまで貯金を怠ってきた人たちだ。

基本的に、「夜の仕事」では、給料の日払いが認められている店舗が多く、毎日現金が入ってくるという特徴がある。「働いたその日にお金が入ってくる」というシステムは魅力的だが、自分を律することができない人にとってはその日暮らしの生活に陥りやすい。

このパターンは日給がもらえなくなった途端に家賃やクレジットカードの請求などの支払いが滞り、経済的にあっけなく追い詰められてしまう。

さて、こうなると残された選択肢は多くはない。

マンションを引き払って実家に戻るか、太客(金払いのいい常連客)の愛人になるか、それとも風俗嬢へ転身するか。

キャバクラ上がりの風俗嬢はまったく稼げない

お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史は4月30日深夜放送のラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、「コロナが終息したら絶対面白いことがある。美人さんがお嬢(風俗嬢)をやります。短時間でお金を稼がないと苦しいですから。今はお金を貯めて踏ん張りましょう」という発言をして、謝罪に追い込まれた。

この発言はモラル的には問題があるかもしれないが、結果的には彼の推察に近い状況が生まれているといっていい。事実、筆者は、コロナの感染拡大を機に風俗店の面接に訪れるキャバ嬢が目立ち始めたとの話をあちこちで耳にしている。

ちなみにコロナ禍の最中、風俗店が次から次へと新人を採用するのにはワケがある。

ひとつは人件費の心配がない点。伝統的に多くの風俗店は風俗嬢への給料を歩合制にしているため、客がゼロならギャラを渡す必要がないのだ(ただし、客のつかない「待機時」でも時給を出す店もあるため、例外はある)。

さらに新人を多くデビューさせればそのぶんだけ、店の集客力もアップする。要するに、キャバ嬢の流入は、風俗店オーナーにとってはいいことづくめなのだ。

かくして風俗業界に移籍を果たしたキャバ嬢たちだが、これで生活は安泰かというと必ずしもそうはならない。

コロナ禍ではキャバ嬢のみならず、生活に困った一般女性も風俗業界の門をたたくため、客の取り合いが起きるからだ。客足そのものが減っているにもかかわらず。

くわえて、キャバクラ上がりの風俗嬢は、客ウケが悪いという傾向もある。一般的に清純そうな女性を好む風俗客にとって、化粧や服装がケバい元キャバ嬢はニーズに合わないのだ。キャバ嬢だったことのプライドを引きずるあまり、中途半端なサービスをしがちな点も不人気の原因だろう。

結果、彼女たちは、まったく稼げないという現実にぶち当たる。

また、風俗店の新人ラッシュは、もともと風俗嬢だった女性にも減収という形で影響が及ぶ。

指名客を多少でも持っている風俗嬢は店が休業していても裏引き(店を通さず客と個人的に会うこと)で生活を維持することも可能だが、指名客のつかない風俗嬢は困窮まっしぐらだ。

■風俗で稼げない女性たちが行き着く場所、援助交際

風俗業界でくすぶる、キャバクラからの転身組と稼げない風俗嬢。そんな彼女たちが最後に行き着く場所、それがパパ活であり援助交際だ。

ご存じない方のために説明しておくと、パパ活とは、男性と食事やデートをする見返りに金銭を求める行為を指す。

「パパ活」の定義は広く、食事だけの関係から疑似的な同棲状態まで幅広いが、性行為に応じるパパ活女性も珍しくないため、本稿ではパパ活を援助交際に含めて扱うことにする。

援助交際に流れていく風俗嬢は相当な覚悟を抱いているはずだ。風俗店勤務なら危ない客が来てもスタッフが何かしら守ってくれるが、個人で行う援助交際の場合、そういった庇護はいっさい得られないからだ。

事実、援助交際では客とのトラブルはつきもので、ときどき報道されるように、最悪、客に殺害されてしまうケースも決して珍しいことではない。

もともとそういった事態を避けるべく、風俗嬢という“安パイ”を選択した彼女たちだが、ロクに生活費を稼げない日々が続くとあっては、リスクもやむなしといったことなのだろう。

■「コロナで職を失いました」出会い系にあふれる書き込み

さらにこの事態は新たな問題をも示唆している。

水商売や風俗業というのは、本来、貧困から抜け出すための手段という一面も持っていた。つまり、キャバ嬢や風俗嬢になるのは不本意でも、歯を食いしばりさえすれば、それなりの収入を得ることが可能だったのだ。

ところが、コロナ禍では、こうした職業はもはや貧困からの脱却手段としての機能を失っている。貯金をして普通の生活への足掛かりにするどころか、さらなる窮状への入口になった感さえある。

コトの性質上、あまり公に語られない話ではあるが、コロナ禍の水面下で進行中の由々しき問題であるのは疑いようがない。

いま、援助交際の巣窟である出会い系サイトは、コロナ関連の書き込みであふれている。

「コロナで職を失いました。本当に困窮しています」
「コロナで困っています。支援してくださる方いますか?」

買春に目のない男性なら舌なめずりするのだろうが、当の女性たちにとっては切実な状況に違いない。なぜなら、現在の売春市場が飽和しきっているからだ。

仕事にあぶれた風俗嬢や一般女性の他、キャバクラから風俗店というルートを経ずに、ダイレクトに援助交際の世界に参入したキャバ嬢もいる。そこへ、もともと売春で生計を立てている女性まで加わるのだから、過当競争が起きてもなんら不思議はない。

■コロナ禍で援助交際の稼ぎが20万円以上減少

実情はどうなのか。長年、援助交際で生活している女性(関東在住、30代)に話を伺った。

「普段は出会い系サイトを4つ使い回してワリキリ(援助交際)の相手を探してるんですけど、いまどのサイトも女のコの書き込みがマジで増えてます。私、実はリーマンショックの時すでにワリキリをやってたんですよ(笑)。でも、その頃でさえこんな状況にはなってなかったと思います。おかげで収入もガタ落ちですもん」

そう言って彼女がスマホの画面を見せてきた。

「月ごとにワリキリで稼いだ金額を記録してるんですけど、これ見てください。2月は50万で普段どおりだったのに、4月は30万に届かなかったんですよ。ヤバくないですか?」

■過当競争を生き抜くために値下げもやむなし

大幅な収入ダウンの原因は、もちろん買春男性の数が減ったからとも考えられる。しかし、彼女はきっぱりと言い切った。

「客(買春男性)が減っただけじゃないですって。ワリキリの女も増えすぎてるんですよ」

過当競争を生き抜くために、近ごろ、苦渋の決断を下したともいう。援助交際の値下げだ。

「それまではホ別でイチニー(ホテル代とは別に1万2000円)もらってたんですけど、いまはホ込み(ホテル代込み)でイチニーにしてます」

それでも収入のペースアップが見込めないと判断した場合は、さらなる値下げも考えているそうだ。

援助交際の相場変動をさらに探るべく、都内の出会いカフェにも足を運んだ。

出会いカフェは名称こそ「出会い」をうたっているが、実態はワリキリ目的の男女が直接交渉できる場として機能している。

平日午後10時。店内の女性専用スペースをのぞくと、席の9割が埋まっていた。この時間帯にしてはなかなかの活況に思える。

ひとまず客の中から茶髪の派手な女性をトークルームへ呼び出し、取材を申し出ることに。承諾をもらい、喫茶店に移動したところで話を聞いた。現在19歳の専門学生だという。

「ここには週に3、4回来てます。本当はバイトでキャバやってたんですけど店が休業中で稼げなくなったから。もちろんワリキリ目的です」

援助交際の成果を尋ねてみると、露骨に落胆の色を浮かべた。

「思ったより稼げてませんね。ワリキリはホ別イチゴー(1万5000円)以上じゃないとやらないって決めてるんですけど、最近、渋る人が多いんですよ。高いって。中には『1万でナマ(コンドームをつけない状態)でヤラせて』とか平気で言うオッサンもいるし。マジあり得ないんですけど。イチゴーってそんなに高いですか? 私のトシなら相場でしょ?」

■援助交際の相場が暴落した先にあるのは…

出会いカフェを利用している彼女の友人も同じことでボヤいているという。

「友だちはハッキリ言われたことがあるみたいですよ。『どうせコロナで生活に困ってんだろ。だったら1万でヤラせてくれてもいいじゃん』って。完全に足元見られてますよね。まあ、いまのところイチゴーでもなんとか客がついてるからいいけど、多分、稼げなくなったら安くするしかないんじゃないですかね」

出会い系サイトでも複数の女性とやり取りをしてみたが、その限りでは、援助交際の相場が大きく値崩れしているとの実感には至っていない。が、本格的なコロナ不況が到来するのはこれからだ。

そうなった先に待ち受けている事態はある程度、想像できる。

援助交際の相場が暴落すれば、そこに付け込んだ男たちが無理難題を押し通してくるだろう。先ほどの女性のコメントにもあったように、「ナマ本番」などのアブノーマルなプレイを強要する者が増えるほか、金額に関するトラブルも多発するかもしれない。

その結果、貧困に追い詰められ、あるいは精神を病み、その結果、自ら命を絶つ女性が続出するのでは?

そうなればもはや地獄。ため息すら出ない。

----------
富士 弥勒(ふじ・みろく)
ライター
1975年生まれ。月刊誌の編集のかたわら、執筆活動にも従事。
----------

(ライター 富士 弥勒)