2020年のセクシーフットボール 野洲高校メンバーは今
瀧川 陽(2)  (1)はこちら>>

今から14年前。「セクシーフットボール」と呼ばれた、卓越したボールテクニックとコンビネーションによるサッカーで、並み居る強豪を倒して全国初制覇を成し遂げた、滋賀県の野洲高校。ファンの熱狂を呼んだあのサッカーを当時のメンバーに聞く。今回は激戦となった決勝で、見事な決勝ゴールを決めた瀧川陽だ。

◆ ◆ ◆

 2005年度の全国高校サッカー選手権大会決勝。野洲高校対鹿児島実業の一戦は、高校サッカー史に残る名勝負のひとつに数えられている。理由のひとつが、延長後半に決めたゴールだ。これは「高校サッカー史上、もっとも美しいゴール」と呼ばれ、多くのサッカーファンの脳裏に焼きついている。


第84回全国高校サッカー選手権決勝で、決勝ゴールを決めた瀧川陽(写真中央)

 歴史に残るゴールを決めたのは、FW瀧川陽。スーパーサブながら、準々決勝から決勝戦までの3試合で3得点を記録したストライカーである。

 瀧川は滋賀県の大津JFCを経て、中学時代はセゾンFCに所属。チームメイトには野洲高優勝メンバーの金本竜市や平原研、楠神順平(元川崎フロンターレなど。現南葛SC)や青木孝太(元ジェフユナイテッド市原・千葉など)、一学年下に乾貴士(現エイバル)がいた。

 全国優勝に欠かすことのできないキープレイヤーの瀧川だが、中学時代は陸上に精を出していたという。

「僕が通っていた中学校が、必ずどこかの部活に入らなくてはいけない決まりがあって、陸上部が強かったんですね。それで、じゃあ入っとこうかと」

 もともと足は速かった。週末は陸上部の大会に出て、好成績を収めていた。サッカーはコーチが怖くて、気乗りがしない。もう、サッカーはええかな。そう思っていたある日のことである。父親が急に声をかけてきた。

「サッカーから半年ぐらい離れていたある日、お父さんが『今日、サッカー行くぞ』って、試合に連れて行こうとしていたんです。それで会場に行ったら、試合に出してくれて。それで、(当時の監督で野洲高のコーチも務めた)岩谷(篤人)さんってすごいな。半年ぶりに来たのに、試合に出してくれるんやって、子どもながらに感じたんですよね」

 瀧川はブランクがあったにも関わらず、試合に出してくれたことで「またサッカーをやってみようかな」とやる気が芽生えてきたという。ポジションは主にサイドバック。快速を活かしたプレーが持ち味で、中高時代にチームメイトだった金本と平原は「(瀧川は)わけわからんぐらい足が速かった」と口をそろえる。

「対戦相手に『滋賀県でいちばん速い』って言われていたヤツがいたんですけど、(瀧川)アキラはそいつよりも速かったんです。ほんま、漫画みたいなスピードで走ってましたよ」(金本)

 瀧川は「僕はただ走っていただけで、ニッチョ(金本のあだ名)や(平原)ケン、(楠神)ジュンペイがいいパスをくれるんです」と謙遜するが、多少パスが流れても、快速を飛ばして追いつく瀧川の存在は心強かった。

 中学時代の主力がこぞって野洲高に進学し、高校3年時には全国優勝を果たした。瀧川はスーパーサブとして、3ゴールを記録。優勝に大きく貢献した。

 野洲高を卒業後、びわこ成蹊スポーツ大学に進学。4年間、サッカー部に所属していたが、「めっちゃボールを蹴るチームだった」こともあり、楽しみを見いだすことができなかった。

 大学を経て、滋賀県のスポーツクラブに就職。そこでは幼稚園や小学生の子どもたちにサッカーを教えていた。

「指導はめっちゃ楽しかったです。子どもたちの変化が見られた時に、やっててよかったなと思います。スクールで指導をしていた時は、子どもたちをうまくさせることだけでなく、サッカーに触れる入り口だったので、サッカーしたいな、楽しいなという気持ちにさせることを心がけていました。運動が嫌いな子もいましたから」

 大学卒業から、10年が経った頃だった。野洲高優勝メンバーの中心選手、キャプテンの金本から連絡が届いた。それは「野洲高のコーチにならないか」というものだった。

 近年の野洲高は優勝時ほどの勢いはなく、滋賀県予選を突破することができないでいた。母校の現状に歯がゆさを感じた金本は、山本佳司総監督に請われたこともあり、コーチを務めることになった。それが2017年6月のことである。

 金本はコーチとしてチームに関わる中で、当時の攻撃的でクリエイティブな”野洲スタイル”を知っていて、指導に協力してくれる人材を探した。思い当たったのが、滋賀県で指導者として生計を立てていた瀧川だった。金本から声をかけられた瀧川は「会社に入って10年を区切りに考えていました。そんな時に『野洲高のコーチにならないか』と言われて、ちょうどいいかなと思って」と、申し出を快諾した。

 母校のグラウンドに戻り、高校生年代を指導するにあたって、改めて感じたのは恩師の偉大さだった。

「山本先生はすごい。あの人の情熱は衰えることを知らない。僕なんて、現役時代の頃より怒られてますから。この前も遠征に行って、朝6時の朝食の時間に『今の選手たちのヘディングが下手なのは、アキラがちゃんと教えてないからや』って怒り出して。朝6時ですよ。普通の情熱じゃないですよね。ちなみに僕は選手権の準決勝で、ヘディングでゴールを決めてるし、そんなに下手じゃないと思うんですけどね(笑)」

 瀧川は最近の高校生たちと接していて、難しさを感じることがあるという。それは、当時の自分たちとは、サッカーに対する熱量が違うことだ。

「試合に勝ちたいという想いを持っている子は、減ったなと思います。僕らの時は紅白戦で負けてもめっちゃ悔しいし、なんでやねんと思っていたけど、今の子は練習試合で負けても普通に笑って帰ってくる。どういう気持ちでやってんねやろなと思うことはあります」

 さらに、こう続ける。

「僕らの時代は自分で自分の心に火を点けられる人が多くて、火が点いているのが当たり前だったんですけど、今の子は点けてあげなあかんし、指導者がめっちゃ強い火を持っていないと点けられない。今日、火を点けても、明日消える子もいます。でも、火がつけば、プロになれる子は絶対にいるんですよ」

 情熱的な口ぶりからは、母校の現状を本気で憂いている様子が伝わってくる。瀧川が指導をするうえでのベースは、中学、高校時代に教わってきたことだ。

「僕らが中学、高校の時に言われたのは、『どうやって世界に勝つか?』ということでした。自分たちより体が大きいヤツ、走るのが速いヤツにどうやって勝つかを考えてサッカーをせなあかんと。当時の国見高校や鹿児島実業のように、フィジカルを前面に押し出してくるチームにどうやって勝つか。それは僕らが教えられてきた、相手の逆を取ること。相手を遅らせて、自分たちが速くなることであったり、ボールを握り続けること。相手を怖がらないでプレーすることなどが、大前提としてあると思います」

 サッカーは心技体のすべてが重要なスポーツだ。技術や戦術に加え、高校年代はメンタルも重要になる。スキルを教えることだけでなく、選手の心に火を点ける振る舞い、情熱が不可欠だ。


「選手たちの心に火を点ける」と、瀧川は指導に情熱を傾けている photo by Suzuki Tomoyuki

「僕も山本先生を見習って、熱く行かなければいけないなと思います。選手は冷めているけど、その冷めた雰囲気に合わせたらあかんと思うし、サッカーに対する情熱は見習うべきかなと。山本先生の情熱は、消えることがないですから」

 野洲高の全国優勝から14年の月日を経て、ふたりは再び師弟関係になった。はたして瀧川は、チームにどのような変化をもたらすのか。”スーパーサブ”と呼ばれ、途中から試合に出、勝利を導くプレーをした高校時代同様、チームを救う”スーパー”な活躍に、期待は高まる。
(おわり)