京セラドームで鉄パイプ落下 オリックスは被害届提出しない方針

ざっくり言うと

  • オリックスは10日、鉄パイプ落下事故の被害届を提出しない方針を固めた
  • 9日の試合前に作業員が誤って鉄パイプを落とし、中島宏之が打撲と診断
  • 球団管理部長は、球団として謝罪したと話し、再発防止に努めるとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x