女の部屋にある、男がドン引きするモノ

写真拡大

自分の部屋にある、意外と気づかないドン引きアイテム。

個人的にOK、NGな範囲は異なると思いますが、初めて男性を部屋にあげるときには、こんなモノがないかどうか、今一度チェックしてみましょう。

■アイドル系やアニメ系のモノアイドルの写真がプリントされたうちわや、アニメのキャラクターの抱き枕などなど…。

同じ趣味を持っている男性なら、あってうれしいモノですが、場合によっては理解できない異文化と感じられてしまうことも…。

その他にもサバイバル系、ゴスロリ系に抵抗を感じる男性もいるのだとか。

自己啓発系の貼り紙節約系、美容系、料理やスケジュール系の貼り紙ならかわいらしさも演出できますが、「○○何か条」や「よりよく”生きる”ために」のような本気モードの貼り紙は引かれやすいようです。

■カートン買いのタバコカートン買いのタバコも要注意です。

タバコを吸わない男性ならなおさら。

愛煙家と嫌煙家の溝はかなり深いのかもしれません。

■身の丈に合わないブランド品コレクションアルバイトしかしていないはずなのに、一人暮らしなのに、なぜこんなにゴージャス…と、生活感と余りに不一致なブランド品のコレクションは引かてしまいがち。

初めて家に招くお客さんには見せない方が無難かもしれません。

ギャンブルや、お酒にまつわるモノギャンブル系のモノ、一升瓶やリッター買いのお酒、男性向け雑誌などもできれば隠しておきましょう。

それらが好きなことをもともと知っていれば、引かれることはないのかもしれませんが、そうした事実を伝えていない相手を招く場合はきちんと隠しておきましょう。

■冷蔵庫の中身意外にチェックし忘れてしまう場所と言えば冷蔵庫。

特に、腐ったモノが冷蔵庫の中に入っていたら、言い逃れはできません。

また冷蔵庫の中身が空っぽだと、ふだんから料理していないことがばれてしまいます。

■枯れた観葉植物ドン引きというよりは、それがあると悲しくなってしまうのが枯れた観葉植物。

枯らしてしまったとしても、せめて「ごめんなさい」という気持ちとともに片づけておきたいモノと言えます。

■散乱しているモノ脱ぎっぱなしにしている服や靴、床に置きっぱなしの本や雑誌なども、きちんとしまっておきましょう。

部屋にゲストを迎える気ゼロだと思われてしまいます。

また、一見きれいな部屋でも、夏なのに布団のかかったコタツや正月飾りがそのままだったり、冬なのに扇風機が出しっぱなしだったりすると、ふだんから片づける癖がないのがばれやすいので気をつけましょう。