銀座一丁目に新商業施設「KIRARI TO GINZA」2014年秋開業

写真拡大

 オリックス不動産が12月25日、銀座一丁目で進行中の再開発事業について、商業施設「KIRARI TO GINZA(キラリトギンザ)」を2014年秋に開業すると発表した。地下3階から地上12階に、ジュエリーや子供服などを扱うショップが出店。「結婚」をキーワードに、銀座の新たなランドマークとなるような施設を目指すという。

銀座に新商業施設の画像を拡大

 「ブリリアントライフステージ」をプロジェクトコンセプトに掲げる「KIRARI TO GINZA」は、ダイヤモンドのブリリアントカットをモチーフにしたファサードが特徴の一つ。延床面積約1万6,600平方メートルのうち、4階に100平方メートルのオープンテラス、11階に式場としても使えるようなアトリウムのほか、屋上広場や吹抜けなどの開放的な空間を設ける。施設ロゴは、表参道ヒルズの施設ロゴなどを手がけるタイクーングラフィックスがデザイン。建物上部のクラウン型を模してその下にアルファベットで施設名を規則的記入することで、銀座ならではの多種多様な人々に施設が受け入れられることを表現したという。

 「KIRARI TO GINZA」が位置する銀座・中央通り沿いでは大規模な再開発が進んでおり、銀座六丁目では旧・松坂屋銀座店を含む隣接する2つの街区約1.4ヘクタールを一体的に整備して複合ビル1棟に建て替えるプロジェクトが2014年1月に着工予定。完成後の建物は、地下3階が多目的ホール、地下2階から地上6階が商業施設、地上7階からの7フロアがオフィス空間で構成され、観光バスの乗降スペースや約4,000平方メートルの屋上庭園も設ける。竣工は2016年8月を予定。