度胸試しをして勝敗を決める勝負「チキンレース」。

決められた位置にどちらが近く止まるか競ったり、相手の車や障害物に向かい合い衝突寸前まで行って先に避けた側を臆病者とみなしたりする内容のため、あまり速さは関係ない。

しかし、人間ではなく実際のニワトリたちがチキンレースを行うと、人間とは全く違う内容になるようだ。

まずは、こちらをご覧いただきたい。

速い、速すぎる。ニワトリたちのF1レースと言わんばかりのスピードにツイッター民は釘付けになっている。

「人間より早い」

こちらは卵生産者の「自然放牧場 お多福たまご」のツイッターアカウントが投稿した動画だ。投稿によると台風に備えてニワトリたちが避難しているは様子だという。

目を疑うほどの速さでネットが張られた囲いの中を駆け抜けていく。この速さ、人間が追いかけていってもおそらく捕まえられないはずだ。

過去の投稿を見ると、「農場長よりも走る速さが増してきた」とのコメントもあるので、間違いはないようだ。

お多福たまごではニワトリたちを放し飼いにしているのも特徴で、Googleで公式サイトを検索するとその結果に、

「走る鶏の卵!」

との記載がある。また、ネット通販「食べチョク」によると、朝一番に鶏舎から雑木林に開放する瞬間のチキンレースの様子は名物になっているそうだ。

投稿のリプライ(返信)欄には、

といった反応が寄せられている。

ちなみに、お多福たまごのニワトリにとってストレスのない生活環境などは環境省主催グッドライフアワード2018で表彰されたそうだ。

彼らが自由に走り回れる環境が美味しい卵につながっている。


自然放牧場 お多福たまご(@otafukuegg)さんのツイートより