何もかも後付けの「自己弁護」に 記者が見た八角理事長の残念な言動

ざっくり言うと

  • 貴乃花の弟子の引き受けを、全一門が協議する予定だったと語った八角理事長
  • 実際には、強硬に受け入れ反対の一門や親方もいたようだと記者は明かした
  • 八角理事長の主張は、後付けの「自己弁護」のように聞こえるとも述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング