小保方晴子氏に中国人学者が恨み節「事件が起きるまでは天国だった」

ざっくり言うと

  • 日本の現状の科学研究を、理研に勤める中国人研究者が語った
  • 小保方晴子氏の事件が起きる前は、研究の面では「天国」のようだったという
  • 現在は、独特な研究は審査を通りにくくなり、経費カットの危険もあるそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x