16年出版の手記は印税3千500万円とも報じられた。 女性自身

「STAP細胞」疑惑で騒動となった小保方晴子さん 実家は廃墟のように?

ざっくり言うと

  • 2014年に「STAP細胞」騒動があった小保方晴子さんを、「女性自身」が報じた
  • 騒動から1年後ごろまでは、千葉県内の実家で家族も生活していたという
  • ここ2〜3年は家族と会わず、家も「廃墟のよう」と言われていると近隣住民

ランキング