大相撲夏場所>◇十四日目◇22日◇東京・両国国技館

 前頭二枚目の明生(立浪)が前頭十枚目・玉鷲(片男波)を寄り切って勝ち越しを決めた一番。寄り切られて土俵を割った玉鷲が土俵下で待機する隠岐の海を目掛けて落下すると、隠岐の海と衝突。そのまま押し倒して見つめ合う格好に。その様子を見た元横綱・若乃花の花田虎上氏が「隠岐の海と何か話したんですかね…」と話すと、咄嗟の判断で手をつき、衝突の衝撃を和らげた玉鷲の行動に対して視聴者から「素晴らしい」「ナイス玉鷲」など称賛の声が寄せられた。

【映像】館内騒然…力士が力士に「床ドン」の一部始終

 立ち合い頭を下げ、低い姿勢で正面からぶつかった明生が勢いそのままに玉鷲を土俵際に押し込むと、玉鷲は起死回生の小手投げで応戦。明生が前のめりに土俵に倒れ、玉鷲は土俵の外に飛び出した。

 軍配は玉鷲に上がったが、物言いの末、玉鷲の足が先に出ており軍配差し違えで明生が白星を拾った。一方、敗れた玉鷲は負け越しが決定した。

「(玉鷲の)右足のかかとですかね」

 ABEMAで解説を務めた花田氏はそのように切り出すと「明生の立ち合いの角度、踏み込みがいい。当たり負けしないように左を一気に差した。明生の立ち合いをずっと続けてもらいたい」と明生の取組を称賛。一方、玉鷲が土俵下の隠岐の海に覆いかぶさった場面については「隠岐の海と何か話したんですかね…」とコメントした。

 取組後の思わぬ出来事に対して、実況を務めた清野茂樹アナウンサーが「あ、いま抱き合ったような形になりました」と触れると、視聴者から「押し倒した」「床ドン」「ドキドキしたw」などの声が、さらに咄嗟に両手をつき、隠岐の海への衝撃を和らげた鉄人・玉鷲に対して「素晴らしい」「ナイス玉鷲」「さすが鉄人」など称賛の声が寄せられた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)