「NON STYLE」の石田明

写真拡大

 お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明(41)が新型コロナウイルスに感染したと21日、所属の吉本興業が公式サイトで発表した。相方の井上裕介(41)も今月12日に感染し、ホテル療養中。井上が感染した際、石田は濃厚接触者と判断されたものの、翌13日に受けたPCR検査の結果は陰性だった。2度目のPCR検査で陽性と判明し、石田は自身のブログに「本当にびっくりしました。症状なんですか、熱もなく咳もありません。味覚も嗅覚も普通にあったので、まさか陽性が出るとは思ってもみませんでした」とつづった。

 石田は19日にテレビ番組の収録に伴い、PCR検査を受けた結果、20日に陽性と診断された。発症日は18日。相方・井上が発熱した翌日の13日にPCR検査を受けた際は陰性の診断だった。吉本は「今後、保健所の指示に従って療養します」とした。

 石田は14日夜に自身のブログで体調不良を訴え、15日には木曜レギュラーを務めるTBS「ラヴィット!」の生放送を欠席していた。

 井上はこの日、自身のブログを更新。「ホテル療養最終日(コロナ療養9日目)」としてホテル療養の環境などについてつづった。