自分だけは特別扱い?(AFP=時事)

写真拡大

 アメリカ大統領選挙は「トランプの最後の逆襲」に焦点が移っている。そのトランプ大統領に新たな悩みの種が植え付けられた。コロナウイルス感染症からの「早すぎる回復」には、彼の政治基盤を揺るがす「禁じ手」が使われたというのである。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏がリポートする。

 * * *
 トランプ大統領のコロナウイルス感染症からの回復が魔法のように早い。これまでアメリカでは21万人以上の尊い命が奪われている。なぜ、74歳のトランプ大統領が、ウォルター・リード陸軍病院にわずか3日間入院しただけでホワイトハウスに帰り、翌日には大統領執務室に入って仕事に復帰することができたのか?

 精神に異常をきたすなどの副作用もあることから、通常は重症者に使うステロイド剤を使用したことは医師の治療薬リストで明らかになった。しかし、ステロイド剤は炎症を鎮める対処療法にすぎず、コロナウイルスに直接働くものではない。ウイルスを叩くためには別の薬剤が使われた。それが、8g投与されたと発表された「ポリクローナル抗体カクテル」である。コロナ治療薬として認可されたものではない。

 ところで、報道によればトランプ氏の医師団や側近たちは、今回の治療の前に守秘義務契約を結ばされたそうだ。一般的に医師には患者のプライバシーを守る義務があるが、スタッフまで含めてこのような厳重な契約で縛るのは異例と言えるだろう。彼らは治療の詳細やその決定の過程について、生涯しゃべることができなくなった。

 そこまでしてトランプ氏が隠したかった治療こそが、ポリクローナル抗体カクテルだった可能性がある。これは、免疫細胞であるB細胞から、特定のウイルスやがんに対する抗体を取り出して複製し、薬品にするモノクローナル抗体技術が使われている。筆者はかつてハーバード大学の小児がん研究者から詳しく取材したことがあるが、医学にとってすばらしい技術である半面、使われる細胞の由来について倫理的な懸念が生じるという厄介な問題もはらんでいる。ニューヨーク・タイムズが以下のように報じている(一部要約)。

《何十年もの間、胎児組織は多くの医学的研究に欠かせないものだった。現在、多くの企業が使用している細胞の元になった293T細胞株は、1970年代に中絶された胎児の腎臓から採取したものだ。同様の細胞株Per.C6は、1985年に流産した妊娠18週目の胎児の網膜細胞から得られた》

 トランプ氏に投与された薬品は、アメリカのバイオテクノロジー企業・リジェネロン社が作製したモノクローナル抗体2種類を混合したもので、同社は上記の293T由来の細胞を一部の実験に使用したことを同紙の取材に認めている。

 医学的、科学的、そして企業活動として、そうした研究や開発が大きな意義を持つのは確かだろう。しかし、アメリカではこれが別の問題を引き起こす。この胎児由来の細胞を使った研究には、キリスト教福音派の一部や保守系団体が猛然と反対しており(つまり「神の領域」を侵す行為だという点で)、かつて共和党のブッシュ大統領(子)は、この細胞を使った研究に大きな規制をかけざるを得なかった。

 そして、トランプ大統領もブッシュ政権と同様に、この研究に対して厳しい規制をかけている。2019年には、中絶によって得られた胎児組織を使用した研究に対する連邦予算からの援助を停止し、「人間の尊厳を高めることは、トランプ政権の最優先課題の一つだ」と、その理由を説明していたのである。

 今回の治療は、自らの命を守るため、政権の方針も支持者への約束も投げ捨てて未認可の新薬に飛びついたということになる。治療が功を奏したとしても、これは政治的には致命傷だ。最大の支持基盤であるキリスト教福音派からは総スカンを食うだろう。

 もちろん筆者は、そのような研究が倫理的、道徳的に良いものか悪いものかを判断する立場ではないし、その知見も足りない。しかし、国民や研究者や企業には倫理を説いて規制をかけ、一方で自分だけは例外で特別枠に置くという行為は政治的に許されないと考える。トランプ氏にとって、天下は天下のためにあり、その天下とは自分自身だというなら、もはや天下人の資格はないのである。