レオパレス21の純損失が803億円に拡大 施工不良物件の改修遅れ入居者低迷

ざっくり言うと

  • アパートの施工不良問題を受け、物件の改修を進めているレオパレス21
  • 3月期連結決算で純損失が従来予想の304億円から803億円に拡大すると発表
  • 工事の遅れで入居率が低迷したことが、損失拡大につながったとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x