サラタメ氏のYouTube用口座。「年末はYouTubeへの広告出稿が多いらしく、いつもの倍くらいの収益になりそう」

写真拡大

 トップYouTuberの年収は余裕で“億超え”。さらに’19年には芸能人やスポーツ選手が多数参入し、市場は大活況を迎えている。今春“5G”が本格的に普及し、さらに動画が身近なコンテンツになることは自明だが、素人でも今さら稼げるのか!?

◆動画の賢人に企画&技術を学び、YouTube副業で稼げ!

 “アイデア次第”で大金を稼ぐ人気のYouTuberたち。しかし、特に歌がうまいわけでもイケメンでもない普通の中年サラリーマンが副業としてYouTubeを嗜み、メシの種にするにはどうすればいいのか。次世代YouTuberと提携するメディア企業、ユーチューバーNEXT代表で弁護士の岡野武志氏に聞く。

「確かに昔のように遊びの動画でファンがつく時代ではなくなりましたが、必ずしも顔出しである必要はありません。ラファエルさんのように仮面をつけるのもアリだと思うし、奥さんや子供に出演してもらい、裏方に回って稼ぐこともできます。また『Kanekin Fitness』のカネキンさんのように、自分のHPに誘導して物販で稼ぐといった、YouTubeを利用して別の方法で稼ぐのも手です」

 チャンネルを育てるために最も重要なのは継続性だと語る。

「稼ぐ目的であれば、尺は何でもいいので、できるだけ毎日投稿するべき。ブログなどを定期的にアウトプットしていた人は乗り換えやすいでしょうね。iPhoneの無料アプリでできる“切って繋ぐ”くらいでもいいので、とにかく続けてみましょう。日本の10倍以上人が多い英語圏でもまだ利用者が伸びていますから、まだまだこちらも伸びしろはあります」

◆『音』と『見た目』を制することがカギ

 さらに具体的に利益を追求するためのノウハウを教えてくれるのは、サラリーマンYouTuberのサラタメ氏。副業ながら、チャンネル開設からわずか1年で登録者数19万人に到達している。
「まずはテーマをしっかり絞ることが大切です。私は新卒でブラック企業に入社し、そこから超ホワイト企業に転職した経験と、“検索需要”があったことから転職ノウハウの動画を投稿。それに加えて、『富士通が45歳以上をリストラ対象にする』といった自分のコンテンツに関連性が高いニュースを解説。

 ニュース解説も検索需要があるので、初心者でも再生されるチャンスが生まれ、うまくいけば人気チャンネルの関連動画に出現することも。私はこのやり方で4か月で1000人の登録者を獲得しました。

 サラリーマンの方が今から始めるなら、“営業職目線”“マーケティング目線”など自分の職種で切り口を変えてビジネスを語るのがいいのでは」

 またサラタメ氏は、「転職」に加え、「ビジネス書の解説」もコンテンツの一つにしている。

「より登録者数を伸ばしたいと思ったら、大きい市場を攻めるのがセオリーです。例えば投資や副業、美容、アウトドアなど、人気ブログや雑誌でも取り扱うジャンルなら、人々の関心が集まっているし広告出稿する企業もいるのでやりやすいでしょう。

 私はそのなかでもビジネス書というジャンルで“現役サラリーマンならではの切り口”で独自性を出すことを心がけています。ひいては、“ブラック企業で苦しんでいた過去の自分のためになる情報”ですね」

 ただここで、サラタメ氏は2つの注意点を挙げる。

「『音』と『見た目』を制することがカギとなります。私の場合『音』はナレーションです。早口で情報の濃度を上げつつ、聞き取りやすいテンポのよさにもこだわり、リテイクを重ねています。一方『見た目』は、いかに動画をわかりやすく見せることができるか。

 私は当初、簡素なパワポ資料を使っていたのですが、より視聴者の興味を引くため、ほかのYouTuberの方を参考に『VYOND』というアニメーションソフトを使うようになりました。最初のうちは、自分と同じジャンルで人気のチャンネルのやり方を積極的に取り入れていくべきだと思います」