(C)コロリド・ツインエンジンパートナーズ

写真拡大

2022年9月16日(金)にNetflixにて全世界独占配信&日本全国ロードショーとなる、アニメーションスタジオ・スタジオコロリド最新作『雨を告げる漂流団地』の本編映像が初解禁となった。

2018年『ペンギン・ハイウェイ』で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞し、2020年長編映画第2弾『泣きたい私は猫をかぶる』はNetflixにて全世界独占配信され、世界30カ国以上で再生回数の多い映画ランキングTOP10に入るなど、全世界からの賞賛を浴びたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。
その待望の新作長編アニメーション映画第3弾『雨を告げる漂流団地』が、9月16日(金)にNetflixにて全世界独占配信、そして日本全国ロードショーとなる。

小学6年生の航祐と夏芽は、団地で育った幼馴染。夏休みのある日、航祐はクラスメイトとともに取り壊しの進む「おばけ団地」に忍び込む。その団地は、航祐と夏芽が育った思い出の家。航祐はそこで思いがけず夏芽と遭遇し、謎の少年・のっぽの存在について聞かされる。すると突然不思議な現象に巻き込まれ、気づくと、あたり一面の大海原に団地ごと漂流していて──
果たして元の世界へ戻れるのか?

この度本作から、航祐(cv:田村睦心)、譲(cv:山下大輝)、太志(cv:小林由美子)、令依菜(cv:水瀬いのり)、珠理(cv:花澤香菜)の5人が、初めて謎の少年のっぽ(cv:村瀬歩)と出会う本編映像が解禁!

不思議な現象に巻き込まれ、大海原を漂流する団地の中で休める場所を探すため、探索を始める航祐たち。薄暗く、取り壊し間近の古い団地はまさに「おばけ団地」と呼ぶにふさわしい不気味な雰囲気だが、突然誰もいないはずの部屋のドアが開くと、そこには背の高い謎の少年・のっぽの姿が!

知らない少年と鉢合わせ、おばけ団地の噂は本当だったと大パニックに陥り逃げ回る航祐たちと、無表情で「待って」と追いかけ続けるのっぽの対照的な姿がコミカルに描かれ、思わずクスリと笑えるシーンとなっている。

航祐たちが大パニックになる中、夏芽だけはのっぽのことを以前から知っていたようだが、果たして突如現れたのっぽの正体とは?

本作の監督を務めるのは、34歳の若さで長編映画第2作目となる石田祐康。学生時代に一躍注目を浴びた自主制作の短編アニメーション『フミコの告白』から長編監督デビュー作の『ペンギン・ハイウェイ』まで、一貫して生き生きと躍動感のある映像を作り出してきた。今回の映像でも見られる、のびのびと躍動感溢れるキャラクターたちの動きは、まさにそんな石田監督らしさが感じられる映像となっている。

漂流する団地でのサバイバルを通して、主人公たちが時に喧嘩し、時に仲直りをしたり。そして、彼らが経験するひと夏の別れの旅の先には一体何が待ち受けているのだろうか?

また本日、9月11日(日)19:00からはTOKYO MXで『ペンギン・ハイウェイ』が放送予定。石田監督の長編初監督作品である本作を観て、最新作『雨を告げる漂流団地』に備えてほしい。

ますます注目が集まるアニメーション映画『雨を告げる漂流団地』は、遂に今月9月16日(金)よりNetflixにて全世界独占配信&日本全国ロードショー!

>>>場面カットや作品ビジュアルを見る(写真10点)(C)コロリド・ツインエンジンパートナーズ