(c)MBS

写真拡大 (全6枚)

8月29日のゲストは、服部輶之さん、百音さん親子。父・輶之さんは、ドラマ「半沢直樹」をはじめ大河ドラマ「真田丸」など、数々の名作ドラマや映画のテーマ曲を手掛けた名作曲家。娘の百音さんは、海外の名誉あるヴァイオリン・コンクールにおいて史上最年少となる10歳で優勝。その後も、多くの賞を総なめにする天才ヴァイオリニストとして活躍しています。音楽一家・服部家の“絆”、そして数々の名作ドラマのテーマ曲制作秘話をサワコに語りました。

100年続く音楽一家・服部家に生まれ育って思うこと
輶之さん、百音さんを生み出した服部家は、4代続く音楽一家。輶之さんの祖父・服部良一さんは、「東京ブギウギ」や「青い山脈」など戦後のヒット曲を作った作曲家。父の服部克久さんは、「ザ・ベストテン」のテーマ曲を手掛けるなど日本を代表する作曲家でしたが、今年6月、多くの人に惜しまれながらこの世を去りました。輶之さんは「まだ、実感が沸かない」と胸の内を明かし、「僕のおじいさんから3人とも作曲家なわけですよね。服部家にとって(百音さんは)初めてのいわゆるコンチェルティストって言うんですか、演奏家なので。親父はそれ(初めての演奏家誕生)も嬉しかったんじゃないですかね」と亡き父との日々を振り返りました。

また、100年続く音楽一家に育ったことについて「恩恵は受けまくりでしょ(笑)」と切り出すと、「だって、最初のデビュー作にさだまさしさん、やらないでしょ。その後、谷村新司さんを僕がやったりして。"夜のヒットスタジオ"の音楽監督やるわけですよ。あり得ないです」と、作曲家として華々しいスタートを切った当時を回想。「でもね、自分にとって一番のメリットは何かというと、人様にはわからなくても自分の中で"今回はダメだったな"って思う時が結構あるわけですよね。僕なりに人知れず落ち込むわけですよ。その時に、もう100年近く作曲っていう仕事でうちの家は食ってきてんだよな、とか思うと頑張れるっていうのはあります。そういう血が流れているんだから、頑張ろうと」と、代々続く音楽一家で生まれ育ったことが自身のアイデンティティーになっていることをサワコに語りました。

「半沢直樹」に「真田丸」...服部輶之が明かす名作ドラマのテーマ曲誕生秘話
「ドラマの音楽と言ったら、ほとんど独占企業?」とサワコが思わず聞いたほど、多くのドラマのテーマ曲を手がけてきた輶之さん。「独占してたらこんなに一生懸命働かないです(笑)」と謙遜するも、今話題のドラマ「半沢直樹」をはじめ、大河ドラマ「真田丸」、「H E R O」、「王様のレストラン」など数々のドラマで曲を作ってきました。「半沢が怒って悪に向かって立ち向かうっていう、ドン・キホーテみたいですもんね。風車に立ち向かう、そういうイメージの曲を作った」と「半沢直樹」のテーマ制作について触れると、監督にデモを提出した際には「素晴らしい!まさに半沢が悪に立ち向かってるよう。だが、ダメなんです。最高にいいんだけど、バッチシなんだけど、ダメなんです」と、まさかのダメ出しを受けたそう。「悪事に立ち向かって、その不正を正した後に、カタルシスが当然あるわけですよね。その部分がこの曲にないって。それで途中にヒロイックな楽奏が入ってるわけです」と、完成に至るまでの軌跡を明かしました。

また、それについて「素晴らしいサジェスチョンだった」と振り返ると、前シリーズの土下座シーンやメインテーマ以外で流れる曲のほか、大河では異例となったヴァイオリンのソロで始まる「真田丸」のテーマ曲誕生秘話も語ってくれました。
一方で,父・輶之さんの曲について「綺麗なメロディーもあるけど、熱い何かがあるっていうのかな。ここで物申したいのねっていうポイントが必ずある」と話した百音さん。「物凄く共感しやすくて弾きやすい」と称讃すると、輶之さんも「僕、コンサートをやったんですけど、"真田丸"を弾いてもらったらさすが娘!と思った。勘所が凄くいい」と褒め返し!「親子のノロケを聞いてるよう(笑)」とサワコがツッコむ一幕も。最後は輶之さんがピアノ、百音さんがヴァイオリンで、三代で演奏したことがあるという克久さん作曲の思い出の曲「ル・ローヌ」を演奏してくれました。

「サワコの朝」はインタビューの達人・阿川佐和子が土曜の朝に素敵なゲストを迎えて送るトーク番組。次回9月5日は、藤岡弘、さん、天翔愛さん、藤岡真威人さん親子が、謎多き"藤岡家"のマル秘エピソードを語ってくれます。
MBS/TBS系で毎週土曜あさ7時30分から。お楽しみに!


MBS動画イズムで無料見逃し配信中!
過去の放送はこちらからご覧ください。