児相戻りの小学男児が死亡、近くで意識がもうろうとした女性が正座 島根・安来市

写真拡大

 島根県安来市のアパートで2日、小学生とみられる男の子の遺体が見つかった。児童相談所の一時保護が解除された直後とみられている。

 警察と消防によると2日午前11時過ぎ、安来市の職員から「児童相談所の一時保護が解除され自宅へ戻った小学生の男の子が学校に来ないので、自宅に行くと血のようなものが見えた」と通報。警察官が窓を壊して中に入ると、小学生くらいの男の子が血を流してすでに死亡していた。近くでは女性が意識がもうろうとした状態で正座していたという。

 警察は男の子の死因と2人の身元を調べている。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)