Image: Alex Barredo / Twitter Edit: ギズモード・ジャパン

さっそくあちこちからレポートがあがっています。

ファーウェイ(HUAWEI)から発表された最新スマートフォン・Mate 30/30 Pro。アメリカから締め出し中でGoogleのアプリは入っていないんですが、世界のテッキーたちがさっそくデモ端末にGoogleアプリをインストールし、動作状況を報告してくれています。

AndroidはオープンなOSですから、アプリ本体となる「apkファイル」さえ用意できればGoogle Playは関係なくインストールできちゃうんですよね。たとえばAmazonのFireタブレットでは、こういう裏テクがそれなりに利用されています(自己責任ですよ)。

もし、これでフツーにGoogleサービスが利用できるなら、最初にちょっと手間がかかるだけで他のAndroidスマホと同じように使える! はず!

Google Play

起動した次の瞬間にはアプリが終了。挙動を見た感じ、アプリ側で端末を拒否しているっぽい?

Google マップ

起動した! スクロールできる! ただナビが利用できるかはなんとも。

YouTube

起動したら「このアプリを動かすにはGoogle Play service(Google Play開発者サービス)が必要です」とのお返事が。

アプリをインストールするまではいけそうですが、結局サービスを利用するためにはどこかしらでGoogleのサーバーに接続する必要があるわけで...今のままでは、すんなり「OK Google」というわけにはいかなさそうです。現実は非情である。

Source: Twitter 1, 2 via Blognone, Twitter 3