改正入管難民法 準備は遅れ課題を残しての施行へ

ざっくり言うと

  • 外国人労働者の受け入れ拡大を盛り込む改正入管難民法が4月1日、施行される
  • 新たな在留資格を創設し、5年間で最大約34万人の受け入れを見込むという
  • ただ、外国人向けの相談窓口設置などの準備は遅れており、課題を残している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング