「自分が家にいると妻を疲れさせる」と語っていた乙武氏

写真拡大

 妻と子供3人がいるにもかかわらず、20代後半の美女と、昨年クリスマスから8日間にわたり地中海を旅行していたことが明らかになった乙武洋匡氏(39才)。乙武氏は、不倫旅行を報じた『週刊新潮』で「長男が生まれた8年前」から家庭の外に癒しを求め始めたと告白している。

 乙武氏が2才年下の妻・仁美さん(37才)と結婚したのは、2001年のこと。長男は結婚から7年目に授かった。30時間を超える難産の末、長男が生誕した時の喜びを乙武氏は当時、女性セブンにあてた手紙でこう綴っている。

《分娩室でその元気な産声を聞いたときには、自然と涙があふれ出てきました。偉大なる大役を果たしてくれた妻には、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです》

 しかし、この出産と育児が夫婦にとって大きなターニングポイントとなった。乙武夫妻の知人が語る。

「子供が生まれるまでの間は、仁美さんは乙武さんの介助を行うだけでした。でも、長男が生まれてからは、赤ちゃんの世話もしなくてはなりません。仁美さんにとっては体力的にとても厳しい闘いの日々が始まったんです」

 たとえば、夜遅くまで仕事した乙武氏が帰宅しようと思っても、エレベーターに乗れず、ドアの鍵も開けられず、開閉もできないので、家に入ることもできない。部屋着に着替えさせ、トイレや風呂の世話まで、すべて仁美さんがサポートする。

 朝から晩まで幼い子供の面倒をみて、夜中にようやく寝かしつけてウトウトしているところに、子供以上に体力を使う介助が必要な夫が帰宅する。おまけに昼夜問わず、2時間置きの授乳も続く。そんな日々のなか、「夫の服のボタンを外す」という介助ひとつにしても、子供が生まれる前は丁寧にできていたのに、少しぞんざいになってしまう──それもまた現実だという。

 ただ、そんなささいな変化に、乙武氏は傷ついたこともあったようだ。しかも、自分はおむつひとつ替えられない。妻の“お荷物”になってしまっているのではと思い悩む日々が続いていったとしたら…。

「少しでも仁美さんの負担を軽減するため、乙武さんは帰宅が夜10時を過ぎる日は自宅に帰らず、仕事部屋に泊まることが夫婦の“暗黙のルール”になったそうです。乙武さんのオフィスには住み込みのボランティアスタッフがいて、生活のサポートをしてくれますから」(前出・知人)

 乙武氏は3人の子供の父親であると同時に、3年間の小学校教員経験があり、保育園の経営にかかわるなど、「イクメン」としての顔も持つ。だが、実際に直面する育児は、彼にとってきわめてハードルの高いものだった。

 過去の女性セブンのインタビューで乙武氏は、子供のおむつを替えたり、抱っこをしてあやしたり、お風呂に入れてあげたりといった育児ができないことへの葛藤をこう率直に明かした。

《目の前に子供がいるのに何もしてあげられないんです。息子が目の前で危ない目にあっているときでも助けてあげることができない》

 その一方で育児と介助と、妻の負担は大きくなるばかり。出産を境に夫婦の間に生じたわずかな溝は、月日を経るごとに大きくなっていった。乙武氏は『サンデー毎日』(2015年11月1日号)の対談で当時をこう振り返っている。

《妻は出産後にどんどん子どもとの距離を縮め、絆を築いていく。その姿を目にして焦燥感と孤独感みたいなものに襲われました。正直一番しんどい時期でしたね》

 前出・知人が語る。

「疲れた妻を見た乙武さんは自分の無力さを責め、“自分が家にいるとかえって妻を疲れさせる。帰るのは妻に悪い”と思いつめ、なるべく自宅に帰らないようになったんです。周囲の人に“疲れ果てた妻を抱きしめることすらできない自分が情けない”という苦しい気持ちを語っていました」

※女性セブン2016年4月14日号