「ゆっくり」騒動 商標権の放棄に応じない場合は無効審判請求へ

ざっくり言うと

  • 「ゆっくり茶番劇」が文字商標として登録されて波紋を広げている件
  • ドワンゴは23日に会見を開き、商標権の放棄交渉を実施すると発表
  • 相手が応じなかった場合、商標登録の無効審判請求を実施するとしている
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。