今年3月に目撃した船木容疑者

写真拡大

11月19日、東京都内で新たに9457人新型コロナウイルスに感染していることが発表された。15日には2カ月ぶりに1万人を超え、同様に全国でも感染者数が増加傾向にあり、第8波に突入したと指摘する声も多い。

対策として新型コロナワクチンの4回目接種も進められるなか、ワクチン接種の安全性を覆しかねない問題が尾を引いている。

11月15日、東京・北区の「王子北口内科クリニック」の院長・船木威徳容疑者(51)が詐欺などの疑いで逮捕された。昨年12月に札幌市の母子3人に、新型コロナのワクチンを接種することなく虚偽のワクチン接種記録を作成し、市から接種委託料をだまし取った疑いで今年9月に逮捕されていた船木被告。今回は大阪市在住の40代女性の接種を偽装し、逮捕されるのはこれで4度目となる。また、船木容疑者にこの女性を紹介したとして、上田泰久容疑者も詐欺と公電磁的記録不正作出・同供用容疑で逮捕されている。

本誌は同クリニックからの内部告発をもとに、昨年11月から船木被告を追跡取材。10月11日号では、ワクチン接種を希望する人に生理食塩水を打つ「カラ打ち」疑惑を報じている。

全国各地の新型コロナワクチンに懐疑的な人に対して“ワクチン接種偽装”を行っていた船木被告。実は、その“顧客”の中に驚きの職業があるというのだ。

内部告発者はいう。

「クリニックには接種偽装を希望する人が全国から来ていました。皆、船木被告しかいない診察室に行き、接種1回目、2回目の証明シールを受け取って持って帰るという流れです。

実はその中に、医師もいたんです。昨年9月上旬の夕方ごろ、千葉県にあるクリニックの女性院長と男性が2人で、ワクチンを接種するために王子北口内科クリニックに来ました。

2人は手土産を持って診察室に入り、船木被告しかいない診察室へ。そして、ものの数分で退室すると、一緒に来た男性が『家族に見せたいから注射した場所に貼る絆創膏を腕に貼ってもらえませんか?』とお願いしていました。しかも、その日いなかった女性院長のクリニックのスタッフ数名の証明シールももらって帰っていたんです。医療従事者まで接種を偽装するとは……と呆れ果てましたね」

女性院長に浮上した“ワクチン接種偽装”疑惑。事実を確かめるべく、クリニックにFAXで質問状を送付すると、代理人弁護士から「現在事実関係を調査中です。本件に関するご連絡は当職宛にお願いいたします」と返答が。

代理人弁護士の事務所に何度も電話で問い合わせたが、「担当者は不在です」を繰り返し、折返しの連絡も来ていない。

医師がワクチン接種を偽装するというあるまじき疑惑に、きちんと向き合うことを祈るばかりだ。