伊織もえさん(写真:Keizo Mori/アフロ)

写真拡大

人気コスプレイヤーの伊織もえさんが、自身のYouTube動画に「18歳以上限定」の年齢制限がかかったことに、ツイッターで不満を漏らしている。

伊織さんはグラビアなどで活躍するコスプレイヤーで、登録者数32万人超のYouTubeチャンネルも運営。YouTubeではゲーム実況を多く行っている。

「年齢制限のシステムに文句では無い」

伊織さんは2022年7月26日にツイッターを更新し、「YouTubeさんさすがに良い加減にして欲しい」と不満をあらわに。「確かにグラビアの活動がメインだけど、YouTubeでは昔から露出に気を遣ってて大半パーカーとTシャツでしか配信してないのに年齢制限しよる」と訴えていた。

さらに伊織さんは27日にもツイッターで、「年齢制限のシステムに文句では無い」と前置きしつつも、再びこの件に言及した。

「このサムネこの内容で年齢制限つく謎」として、ノースリーブを着用した自らの写真をサムネイルにしたゲーム実況動画にも年齢制限がついたと改めて訴えた。そのうえで、「しかもAIじゃなくて人間が見てつけたやつ」とも明かしていた。