明日の見えない自粛期間から一旦の区切りが付いた今日この頃。

【画像】セルフカラーはこの人みたいになりがち

 家族以外の人に会う事もできず、たまの外出もスーパーの行き来程度で「どうせマスクするから」とメイクもせず、美容室に行けないうちに美意識も低くなり、とうに根元の白髪やプリンは限界突破している。web会議の四角に収まる自分の姿に辟易して、セルフカラーをやろうか悩んでいる貴方へ。

 私、東京の二子玉川の美容室に勤める30代美容師が、セルフカラーについてのお話をさせていただきます。


©iStock.com

「セルフカラーです」に美容師が渋い顔をする理由

 自粛期間中に既にセルフカラーに目覚めた読者もいるかもしれませんが、美容室で「カラーは自分でしました」と言って、美容師さんに渋い顔されたことはありませんか? 茶髪にしたい時(「おしゃれ染め」と呼びます)も白髪染めも、セルフカラーはデメリットが多く、美容師的にはおすすめできることではありません。

 セルフカラーでは、以下の3つのことが起こってしまうからです。

・セルフはムラになる

・セルフはギシギシになる

・セルフでは狙い通りの色にならない

 なぜこのようなことが起こってしまうのか、解説します。

セルフカラーあるある1:ムラになる

「セルフでしました」と聞いてまず美容師が心配するのは髪の明るさのムラです。セルフカラーがムラになりがちな理由は、自分では薬を均一に塗れないところにあります。薬の量が多いほど染まりやすく、少なければ染まりません。均一に塗れていないセルフカラーでは、こんな事が起きています。

・根元がちゃんと染まってない

・根元が全体より明るくなってる

・白髪が染まってない

・根元より毛先が濃い(暗い)

・なんかヒョウ柄みたいになってる

 美容師がカラーを塗る時は、必ず髪の毛を細かく分け取り、根元、毛先と塗り分けて、薬の量が均一になるようにしています。これを自力でやろうとすると、絶対にムラが出てしまいます。

 塗る部位によって気をつけるべきことも異なります。プリンに見えたくない根元ですが、おしゃれ染めをすると頭皮に近い1cmぐらいの髪の毛は、体温の熱が影響して薬が効きやすくなります。薬は温度が高い方が反応するので、根元から毛先まで全て均一に塗れていても、根元が明るくなりやすいのです。

 なので、美容師が根元に薬剤を塗る際は、薬の量を減らしたり、薬の力を弱めたりといった工夫をしています。

 髪の毛全体よりも根元だけが明るい状態は、ヘアスタイル的にかなりカッコ悪いです。不自然な状態で、違和感を感じると思います。

 今話題のビリー・アイリッシュみたいに(根元明るいミドリ、毛先暗めブラウン)確信犯的にやらないと、全然カッコよく見えません。美容師としても、カラーをする時に絶対起こしたくない失敗の一つです。

 おしゃれ染めとは対照的に、白髪染めは、根元がしっかりと染まりづらい。理由は「白髪」の特徴にあります。

 白髪は黒い髪の毛よりもハリやウェーブがあり、ピンピンしています。ピンピンした白髪には薬が付着しにくく、量が少ないと薬を弾いてしまって、薬が付いてない状態になります。このままでは時間を置いても結局染まらず、時間を置くほどにダメージだけ蓄積します。

 こうしたことを避けるため、美容師はベタベタと頭皮に貼り付けるように塗布することで白髪を薬に埋めて、さらに上から紙をかぶせて密着させて白髪が薬から離れないようにしています。

 ムラになった髪を元通りにする事は、基本的にはできません。髪の毛が経験した『履歴』は消えることがないため、ダメージもゼロには戻せないのです。均一に見えるようにカラーを上乗せする事はできますが、その色が抜ければ(褪色と言います)またヒョウ柄が姿を現してしまいます。

 ちなみに美容師さんは、見ただけで「この人はセルフカラーしてるな」と見分ける事ができているので、「カラーは自分でしました」と言う前に、美容師さんは気付いてたりします。

セルフカラーあるある2:ギシギシになる

 ドラッグストアでは美容室カラーの約1/10の値段で薬が買えますが、セルフカラーの薬は美容師のように複雑な工程ができなくとも満足してもらえるように、『とにかく手軽で安い』『髪色が変わった感じ』が重要視されています。

 言い換えれば、美容師が作るような、細かい色味を作り出すことは困難なため、ヘアカラーしたぞ!というわかりやすい変化が出るように作られているのです。

 ヘアカラーにおけるわかりやすい変化は「明るさ」です。黒から茶色になる変化は見た目にわかりやすく、またそれ自体は安価な薬を使っても再現できて、コストがかかりません。

 そしてパッケージの裏側の説明には、「明るさは時間で調節してね」といった形で表記されています。美容師は根元と中間・毛先に付ける薬の強さを調節していますが、セルフカラーの薬は強さが一律なので、時間を置けば置くほど必要以上に髪の毛にダメージが蓄積されます。

「しっかり時間を置いて明るくしよう!」

「白髪が染まるように時間をかけよう!」

 としていると結果、ギシギシに傷んでしまうのです。

セルフカラーあるある3:狙い通りの色にならない

 セルフカラーをしてみて、思ったことはありませんか?

「確かに明るく染まったけど、色が違うじゃん」

「白髪、しっかり染まってない」

 あるあるです、僕も高校生の時散々やったからわかります。パッケージのお姉さん(お兄さん)みたいな色になった事がない!

 これは色彩学の話になりますが、あらゆる物の色は、赤(マゼンタ)、青(シアン)、黄色(イエロー)の三色の組み合わせで造られています。人それぞれ体型、骨格のみならず、肌の色、目の色などが違うように、同じように見える髪の毛の黒(正確には焦げ茶)も、赤青黄の配分でできていて、人それぞれ微妙に違います。

 美容師はカラーを始める前に、確実にお客様の髪色を見て薬を選定しています。同じ色の薬を使っても、そもそもキャンパス(髪色)が人それぞれ違うので、同じ色にならないことを知っているからです。

 美容室のカラーの薬は、「色味」と「明るさ」と「薬の強さ」が別々に用意されています。ざっと50種類ぐらいバックルームにズラっと並んでいる中から、お客様の髪色に合わせて調合して使っています。ですが、ドラッグストアでは当然、美容室のようにたくさんのカラーの薬を用意して陳列することはできません。セルフカラーは安く手軽に販売するため、色味の種類も選びやすい2、3種類ほどに留めています。

 パッケージにうつっているモデルの髪の色も、実際に撮影したものではなく、髪色だけを後から修正しているイメージ画像なので、ドラッグストアのおしゃれ染めで色味が再現されることはほぼありません。

それでもセルフカラーしたい場合に、気をつけたいこと

 デメリットをつらつらと並べましたが、それでも今すぐセルフカラーをしたい方へ向けて、いくつかアドバイスをします。

▶︎白髪染めの場合

1.根元を染める事だけに注力しましょう

 白髪染めを毛先まで塗るのはお勧めしません。先述した、・根元より毛先が濃い(暗い)状態になりやすいからです。問題なのは、根元を染めるつもりの薬で、毛先が染まってしまうことです。

 髪の毛は健康な根元よりも、ダメージを負った毛先の方が染まりやすい特性があります。染めたい根元よりも、ダメージのある毛先の方が黒く染まりやすいため、なるべく毛先には薬がつかないようにしましょう。

2.クシから薬が出るタイプを使用しましょう

 一番確実に根元の白髪を染められるのはこのタイプだと思います。後頭部などは難しいと思いますが、特に気になる顔周りや生え際を鏡を見ながらピンポイントに塗布できるのが特徴です。

 逆に、泡カラーと呼ばれるものはお勧めしません。シャンプーの泡のような感覚で染めるものです。手軽さという意味ではかなり楽ですが、泡はそもそも不均一に塗布されがちなのでムラになりやすく、根元も染まりにい。毛先にも薬がついてしまいます。

 そして泡はクリーム状の薬より水分が多いため、毛穴に入り込んで肌荒れなどの影響が出やすいように思います。

▶︎おしゃれ染めの場合

1. たくさんコーミングをしましょう

 薬の塗りムラを防ぐため、薬を塗った後にできるだけコーミング(くしを通す)をしてください。この際には、毛束に対してコームが90度になるように注意しましょう。角度が鋭角だと、つけた薬をコームの根元でこそぎ取ってしまい、塗布料が少なくなってしまいます。

2. 後頭部にも意識を向けましょう

 お風呂場や洗面台で鏡を見ながらやることになると思いますが、オールバックのようにコーミングすると、どうしても薬が顔付近に集中しやすくなります。くしを入れる方向を変えたりしながら、後頭部にも薬がつくように意識しましょう。

くれぐれも慎重に

 このご時世ですから、美容師側から「カラーは絶対に美容室で!」と強制はできません。最近では、セルフカラーの通販もメディアで話題になっているようです。実際に触れていないので薬の良し悪しはわかりませんが、『自分でやる』難しさは変わりません。

 それと、次また美容室でカラーをする際には、恐れず「カラーは自分でしました」と言ってください。美容師さんは渋い顔をするかもしれませんが、その『履歴』もまた美容師さんがカラーをする際の判断基準になります。髪の『履歴』次第で、使用する薬の力を落としたりするなど、配慮してくれるはずです。

 美容室のカラーとセルフカラー、良くも悪くも、納得した上で選んでいただければと思います。

(操作イトウ)