役立つ小技!Safariのタブ・ツールバーの3つの機能:iPhone Tips

Safariでうっかりタブを消してしまう。複数のタブを開くとどれがどれだかわかりにくい、画面にツールバーが見え隠れしてサイトが見づらい……。こんな風に困ったことはありませんか?

そんなときに役立つのが「最近消したタブを再表示させる方法」「タブのアイコンの表示」「ツールバーを非表示にする方法」。今回は、それぞれのやり方をご紹介します。

最近閉じたタブを再表示する

Safariで検索していくつかタブを開いた状態で、誤ってタブを消してしまったときに役立つ方法です。タブの一覧を表示した画面の、下部の+ボタンを長押しします。すると、「最近閉じたタブ」が表示され、先ほど見ていたサイトを再度開くことができます。

▲タブの一覧を表示した画面の、下部の+ボタンを長押し(左)。すると、「最近閉じたタブ」が表示され、先ほど見ていたサイトを再度開くことができる(右)

タブにアイコンを表示する

開いているタブにアイコンが付くことで、何のサイトか判別しやすくなります。「設定」を開き、「Safari」をタップします。次に、「タブにアイコンを表示」をオンにします。

▲「設定」を開き、「Safari」をタップ(左)。次に、「タブにアイコンを表示」をオンにする(右)

Safariのタブ一覧を確認してみると、サイト名の隣にアイコンが表示されているのが分かります。少しの変化ですが、何のサイトを開いているのかが認識しやすくなります。

▲アイコンが表示されていない状態(左)。サイト名の隣にアイコンが表示されている(右)

ツールバーを非表示にする

Safariで画面下部に表示されるツールバーを非表示にできます。Safariを開いて、画面左上にある“AA”と書かれたアイコンをタップします。表示されたメニューの中から「ツールバーを非表示」を選択します。すると、画面下部にあったツールバーが消えます。これで、フルスクリーンで見ることができます。

▲Safariを開き、画面左上にある“AA”と書かれたアイコンをタップ(左)。表示されたメニューの中から「ツールバーを非表示」を選択(右)

元に戻したい場合は、画面上部のアドレスバーをタップすれば、ツールバーが画面下部に表示されます。

▲画面上部のアドレスバーをタップ(左)。ツールバーが画面下部に表示され、元に戻る(右)

どれもちょっとした小技ですが知っているとSafariが使いやすくなるので、ぜひ活用してみてくださいね。

外部サイト

「Safari」をもっと詳しく

  • iPhoneの標準ブラウザ「Safari」ネット閲覧をもっと効率化する技
  • タブを開きすぎたときに使えるSafariのテク 自動で閉じる機能も
  • 日常的に活用できるMacの便利技8つ 簡単に印刷する方法など