左上から時計回りに牧瀬里穂、筒井道隆、松重豊 ©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

写真拡大

映画『サヨナラまでの30分』の追加キャストが発表。あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

【動画と画像を見る(2枚)】

2020年1月24日公開の同作は、映画『東京喰種 トーキョーグール』などの萩原健太郎が監督を務め、ドラマ『忘却のサチコ』などの大島里美が脚本を手掛けたオリジナル作品。1年前に死んだ人気ミュージシャンのアキ、再生中の30分だけ体の中身が死んだはずのアキになるというカセットテープを拾った颯太、颯太の体を借りてアキが会いに行く恋人カナの3人の人間模様を、音楽を通じて描く。率先して人を引っ張っていく前向きな性格のアキ役に新田真剣佑、人と関わることが苦手な就活中の大学生・颯太役に北村匠海(DISH//)、次第に颯太と心を通わせていく村瀬カナ役に久保田紗友がキャスティング。

出演が発表されたのは、カナの母親・村瀬しのぶ役の牧瀬里穂、颯太の父親・窪田修一役の筒井道隆、地元のフェスを主催する音楽プロデューサー・吉井冨士男役の松重豊。

予告編には「この世界から居なくなったあいつは、僕たちの世界を変えたんだ」というナレーションや、「お前しかいないんだよ、俺のこと見えるの、お願い、身体貸して」というアキの台詞、ステージで歌う颯太の姿、カナと颯太が並んでピアノを弾くシーンなどが映し出されている。またアキと颯太が歌う“もう二度と”の音源が初披露されている。

ポスタービジュアルには、「彼が遺したカセットテープを再生する30分間、2人は1つの体を共有する」「アイツが彼女に会うたびに、僕も彼女を好きになる。」というコピーと共にマイクの前で佇むアキの表情と、遠くを見つめる颯太の表情が写し出されている。またアキが率いたバンドECHOLLのメンバーである葉山奨之演じるヤマケン、上杉柊平演じる重田、清原翔演じる森、カナの姿が配置されている。

2020年1月22日には、ECHOLLの楽曲とピアニスト・Rayonsによる劇伴曲を収録したオリジナルサウンドトラック『サヨナラまでの30分』がリリース。収録曲などの詳細は後日発表される。12月2日にはアルバムの収録曲でもあるECHOLLの楽曲“もう二度と”を先行配信。本日11月19日からiTunesプレオーダーがスタートする。