今年の渋谷ハロウィンは、警察と協力する民間会社の警備員の姿が多数見られた

写真拡大

 今年も荒れに荒れた「渋谷ハロウィン」……と、テレビ報道だけを見て、そう感じた人も多いのではないだろうか。テレビ局のネット動画サイトでは、渋谷スクランブル交差点に設置された定点情報カメラの映像を常時配信するなど「今年も何かが起こるのではないか」と期待するマスコミ、そして視聴者の関心の高さをうかがわせた。

 実際に逮捕者も出た。しかし、今年の渋谷ハロウィンは「例年よりもマシだった」という声も聞こえてくる。その裏には、警察だけではなく、渋谷区から依頼された民間会社の警備員たちの功績がある。

 その屈強な見た目と統制力……実は若者たちには知られた存在なのだが、彼らはいったい何者なのか――。

◆ハロウィン当日、渋谷にはコワモテな警備員の姿が…

 まずは、当日現場を取材した大手紙記者の話。

「渋谷駅ハチ公口にたどり着いた時、あまりの人の多さに驚きました。これは確実に大きな事件が起きると。でも蓋を開けてみれば、去年ほどの混乱はなかった、というのが正直なところ。翌11月1日の渋谷警察署の発表によれば、今回逮捕されたのは9事案で9人。スリなどの窃盗、警官を殴ったなどの公務執行妨害、喧嘩などの暴行、そして痴漢です」(大手紙記者)

 件数だけで言えば、昨年は13件の事案が発生していたからマイナス4件ということになり、件数的にも確かに「マシ」だというのだ。さらに言えば、常に若者が集まる渋谷署管内においては、こうした事案は日常的にも発生しているために、100万人とも言える人出の割には「平和だった」という結論に行き着くという。

 そして、テレビ出演で話題になった渋谷センター街の理事長が激怒しつつ明かした「警備費に1億円」を費やした体制の効果も現れているのではないかと言われている。同じく、ハロウィン当日を取材したテレビディレクターも続ける。

「今年は渋谷駅近くのコンビニ店などが酒類販売を自粛するなどして、酒に酔った若者が大暴れする、といったシーンが少なかった。酔った若者が徒党を組めば、相手が警官だろうと悪態をつく、殴りかかる人だって去年はいましたから。

 今年、静かに存在感を放っていたのは、センター街などに配置された屈強な“セキュリティ”たちです。夏のプールの監視員のごとく、高い椅子に座って道ゆく若者たちに注意を促していた。彼らの存在は若者にも知られており、単なる警備員、それこそ警察以上に恐ろしい存在とも言われています」(テレビディレクター)

 その存在とは「BONDS(ボンズ)」なるセキュリティチームだ――。

◆クラブや格闘技イベントの警備など、若者たちに知られた存在

「昨年度までは警察のみの対応でしたが、今年は渋谷区から初の試みとして依頼をいただき、マナーアップと渋谷周辺区域のクリーンパトロール(ゴミ拾い)など、我々民間会社が一緒になって警備にあたりました」

 こう話すのは 「株式会社 BONDSグループ(品川区)」代表の伊勢野寿一氏だ。元自衛隊員、大学の柔道、相撲部員、そして現役の格闘家が所属する警備会社で、伊勢野氏自身も現役の格闘家。設立当初は都内のクラブイベント、格闘技イベントのセキュリティ業務をこなす「コワモテ」さでその名を轟かせていたが、今では官公庁依頼の業務までを担う屈強な「セキュリティチーム」として知られる。

「依頼者が何を求めているか、依頼内容にBONDSのマンパワーで使命感と誇りを持って応えるようにしています。渋谷ハロウィンでは、窃盗や痴漢、酒に酔った人の喧嘩などが起きましたが、大きな事件・事故の発生はありませんでした」(伊勢野氏)

 ネット上でもBONDSは有名だ。昨年、渋谷区内の人気アパレル店に並ぶ転売目的の中国人たちが起こした乱闘騒ぎをとらえた映像が、ネット上で拡散された。あの時、暴れる中国人に非暴力で立ち向かい抑え込んだのが、他でもないBONDSのスタッフだったのだ。