岑子傑代表(AP)

写真拡大

 【香港=角谷志保美】香港で大規模デモを主催してきた民主派団体「民間人権陣線(CHRF)」の岑子傑しんしけつ代表が16日夜、マスクをした男4〜5人に金づちなどで襲われ、頭や手足に大けがを負った。

 CHRFは20日にも大規模デモを呼びかけており、住民には、デモに反対する勢力の犯行ではないかとの不安と反発が広がっている。

 CHRFは17日に記者会見し、「襲撃にひるむことなく、20日には平和なデモを決行する」として、デモへの参加を呼びかけた。岑さんの容体は安定しているという。岑さんは8月にも、大規模デモの前に襲撃を受けた。その時は一緒にいた友人が腕などに負傷し、岑さんにけがはなかった。