有吉弘行(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 有吉弘行(45)が日本テレビ系の情報番組「ヒルナンデス」の金曜レギュラーを9月いっぱいで卒業することが20日の番組内で発表された。有吉が抱えている地上波レギュラーは現在12本。そのうち、「レディース有吉」(フジテレビ系)と「超問クイズ!」(日本テレビ系)の2本が9月で終了することが明らかになっていた。

愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

 一気にレギュラー番組3本を失う有吉について、“賞味期限切れ”を指摘する記事も散見されるが、本当にそうなのか。芸能評論家の佐々木博之氏がこう言う。

「売れっ子で多忙を極める有吉さんにとって、今回の立て続けの番組打ち切りは“渡りに船”かもしれません。レギュラー12本のうち冠番組は9本ですが、それでも1週間7日よりも多いわけです。常軌を逸した働き方といえるでしょう。そもそも、毒舌を交えながら、ゲストを本気で怒らせずに番組を盛り上げるのは相当なMC技術が必要です。それをこれまでやってのけていた方がすごい。賢い人だからこそ、抱えるレギュラーも吟味しながら、適正な数にダウンサイジングしようとしているのかもしれません」

 そもそも、レギュラーが膨れ上がったのも、有吉人気にあやかりたいテレビ局の魂胆があってこそ。それを見抜き、適切な距離を置こうとする有吉のタレント生命は長そうだ。