京急事故、わずか2日後に復旧の離れ業 社風は「トラブル時こそ…」

ざっくり言うと

  • 5日の京急事故はわずか2日で撤去作業などが終了し、7日に運転再開となった
  • 京急は「1日でも1時間でも早く復旧させる」という意思があると鉄道担当記者
  • 「トラブル時こそ、お客さま第一の姿勢」といった社風が、功を奏したようだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x