「にっぽんの温泉100選」(観光経済新聞社)で16年連続1位を獲得しつづけている草津温泉にこの5月30日、激震がはしった。

【写真】草津温泉の写真(12枚)をすべて見る

「草津温泉 伝統の『時間湯』指導役の『湯長』廃止へ 来年度から」

 一報を報じたのは地元紙・上毛新聞だった。町内はこの話題で持ち切りとなり、「伝統文化の破壊だ」、「いや、町長による温泉改革の一端だ」と意見が分かれ、町長と湯長側は対立し、一部湯治客を巻き込む騒動になっているという。さっそく草津町に入り、話を聞いてみることにした。

約48℃の高温泉に3分間、1日3〜4回入る「時間湯」

 まずこの時間湯とは、江戸末期から明治初期にかけて成立した、草津独特の入浴法のことだ。48℃ほどの高温泉に3分間、1日3〜4回入ることを「時間湯」と呼ぶ。現在は草津町内の「千代の湯」(観光・一般用)、「地蔵の湯」(湯治療養用)の2か所で1回560円、長期だと一か月2万円ほどで入浴することができる。


湯治療養用の「地蔵の湯」

 いわば昔からある民間伝承の荒療治で、入浴を3分という時間で区切るのと、一日のうち決められた時間にしか入れないため「時間湯」と呼ばれるようになったようだ。

 さまざまな病状に効果があるとされるが、現在はとくに寛解が難しいアトピー性皮膚炎をはじめとする慢性皮膚疾患の利用者が多い。行き場のなくなった患者たちが最後にやってくるのが草津の時間湯だと言われている。このような高温浴の湯治方法は、かつて日本各地にあったとされるが、現在は日本の中でも草津温泉にしか残っていない。

 この時間湯での湯治を指導するのが湯長であり、明治時代から現在までに8代ほど続いている。長いあいだ自主採算方式かボランティア状態だったが、前町長によって2006年から湯長は草津観光公社の臨時職員扱いになっている。

 時間湯を体験してみたが、まず入浴前に足先や頭に熱湯を30回ほどかけ湯してから、10人ほどの湯治客が一斉に浴槽に入る。浴槽内の湯は48℃前後と高温だが、湯長の「改正の2分! 辛抱のしどころー!」などという掛け声に励まされ、入湯客も「オー!」と声を上げる。かなり熱いが、女性湯長のややコミカルな励ましが面白くて3分はあっという間で、意外と我慢できないほどではない。その後、休憩室で数十分間じっとして汗を出しきると終わりだ。強烈なサウナに入った後のようで、入浴後は火照ってグニャグニャになる。

草津町はじまって以来 異色のやり手町長

 今回、湯長廃止を打ち出した黒岩信忠町長(72歳)は「草津町はじまって以来の異色の町長」と評される。

 1947年に草津町内で生まれ、中学を出たのち18歳で電気工事業を立ち上げて独立。その後はさまざまな事業を展開して資産家として知られるようになり、35歳で町議会議員に立候補して当選。議員を7期つとめた後の2010年、満を持して町長選に当選。草津町では初めて、旅館業以外からの町長誕生となった。

 町長になってからは草津のシンボル湯畑を中心に再開発・再整備を断行し、反対の声をものともしない改革を進めていく。2017年には観光客が過去最高の325万人を記録。その活躍ぶりからテレビなどでも取り上げられる、剛腕のやり手町長だ。

 まずはその黒岩町長に話を聞いた。

「よく誤解されるのですが、時間湯をやめるのではないですよ。時間湯は草津にとって大切な伝統文化です。そうではなくて、これまでは入浴するのに1回560円とっていたのを無料にして、より多くの人に利用していただこうというのが私の主張です。やめるのは湯長だけです。また湯長は湯治客の方に問診して、病気を治すようなことを言っている。これは違法な医療行為にあたります。突然、湯長廃止を言い出したように言われていますが、法令に違反する行為を知ったからには、町の最高責任者としてすぐに対処するのは当然のことなのです」

 黒岩町長によると、この法令違反の疑いの他にも、湯長制度には多数の問題点があるという。

「調べてみると、湯治客との間に入湯料として現金の授受があるのですが、この会計がかなり不透明なのです。まず入湯客の実数が、こちらの計算では年間7000人ほどなのですが、湯長側はのべ1万8000人が救いを求めて来ているなどと言っている。また湯長側はガソリン代が年間8万円ほどかかっていると計上しているのですが、湯長に町から車を貸与などしていないのにガソリン代を計上しているのは何なのか。それらを含め、時間湯には年間1000万円ほど町から支出していますが、長期の湯治客が通っている地蔵の湯の現在の利用者を調べてみると1日10人ほど。1日たった10人の入湯客のために、これだけの町の予算をかけるというのは常識として考えられないでしょう」

 町長の話を要約すると、現在の湯長制度の問題点は、大きく分けて2つあることになる。1つは湯長が医師法に触れる行為をしているということ。2つ目は、時間湯の維持費を湯長が私的流用している疑いがあることだ。

 また黒岩町長と同じく「湯長制度廃止」を主張している町民に話を聞くと、次のように話した。

「今の時間湯はおかしいよ。男の湯長が教祖みたいになって、長期の湯治客を囲って自分のアパートに住まわせたりしているんだ。回覧板を回しても名前も記入しないし、入湯するときには客全員に神棚を拝ませたりと、なんだか新興宗教みたいなんだよ。女性客の裸をジロジロ見たり、患部を見せろといったセクハラもあったらしいし、湯治客とのトラブルも絶えないと聞いている。湯長が時間湯を私物化しているのが問題なんだ」

 つまり問題の根底には、湯長による「長年の時間湯の独占・私物化」があるという。これらがもともと根底としてあった上で、医師法違反と補助金私的流用の指摘につながっているように感じた。

発端は「地蔵の湯にあるトイレ問題なんです」

 では一方の湯長側の主張はどうか。

 男女2名いる湯長の一人、鈴木恵美湯長(34歳)は東京都出身。自身も重度のアトピー患者だったことから大学生の頃から草津の時間湯に通い始め、そのまま湯長になった。

「最初に、この問題の発端となったのは地蔵の湯にあるトイレ問題なんです」

 鈴木湯長が話すトイレ問題とは、次のようなことだ。

 長期の湯治客が時間湯として使用している地蔵の湯がある「地蔵地区」は、黒岩町長主導による再整備計画の真っただ中にある。そこで地蔵の湯の横に新しい通路を設けることになり、そのために地蔵の湯の建物を一部改造することになった。その一環として、現在ある男女、障害者用と3つある公衆トイレを2つにまとめる計画が発表された。

 町の立てた計画では、もともと3つあるトイレのうち、障害者用トイレと女性用トイレを統合することから、5月15日毎日新聞地方版で「バリアフリー『後退』懸念」と報じられることになる。実質、障害者用トイレが使いにくくなるためそのように報じられたのだが、後にこれは撤回され、従来通り男女・障害者用と3つのトイレが設置されることに再変更されることになった。今回の騒動は、この「トイレ問題」が発端になっているという。

「地蔵地区の要望と共に、再整備には協力したいが利用者の声も聞いてほしいと対話を求めたのです。すると『では地蔵の湯にある倉庫と湯長室をつぶしてトイレにする』と突然、変更されたのです。つまり私たちが声をあげたことにより、4月の時点では『再整備で湯長関係について変更はない』と言っていたのに、2週間ほどの間でトイレの再整備から湯長室をつぶすという話に変わり、そこから湯長の廃止という話にまで発展したのです。湯長廃止は新聞記事で初めて知りましたが、突然のことで湯治客の方々は、困惑というより怒りがわいてきたと言ってました」

「何が何でも廃止という方向へ突き進んでいる」

 もう一人の湯長、井田剛文湯長(58歳)は、湯長廃止派に対してこう反論する。

「もともと私の願いは、長期の湯治客の方のために、寮と食堂を作りたかったのです。私も交通事故の療養のため草津の時間湯に来たのですが、湯治にきた最初の月は宿泊代と食費だけで30万円ほどかかってしまいました。ですからまだ寮は無理としても、とりあえず格安のアパートを紹介しただけの話なのです。セクハラについては被害者もいなければ証拠もなく、悪意ある噂話に過ぎません。ここ数年は女性客に配慮して、入浴指導は女性湯長に代わってもらっているほどです。ガソリン代についても、もともと前町長との間で決まったことで、町内で会議があったり、時間湯が行われている千代の湯と地蔵の湯の間の行き来、足が不自由な湯治客が来られて困っているときに送迎したりするための燃料代なのです。また入湯代の収入が年500万ほどありますので、実質的に町から出していただいているのは半分の500万ほどです。

 医師法に触れているという点についても、私が弁護士さんに聞いたところ、実際に治療したり問診したりしているわけではないため医師法には触れないというお答えをもらっています。『のべ人数』で出している入浴客数や会計などが不透明だというなら、監査役をおくなど改善策を立てれば解決する話ではないでしょうか。話し合いもしてもらえませんし、何が何でも廃止という方向へ突き進んでいる。このままでは、草津は150年の歴史がある湯長制度を自ら捨て去ることになってしまいます」

「草津人にあらずんば人にあらず」

 ちょうど町議会が始まっていたので、最終日の6月11日に傍聴してみた。15席ほどある傍聴席には時間湯の湯治客、湯長廃止を求める一部町民、中立派の町民と入り乱れて満席状態だった。

 12人いる町議会議員のうち、明確に湯長制度維持を主張している議員は1人だけ。進行役の町議会議長も、廃止反対派の議員の質問は途中で遮り、廃止賛成派の議員は発言し続けても止めないといった、やや偏った議会進行をしている。湯長派の人たちから見ればかなり恣意的な議会運営に見えるだろう。部外者から見ても「もう廃止は決定事項だ」という、町長と多くの町議たちの強い意志を感じた。

 閉会後、時間湯の湯治客の男性に話を聞くと「ここは中国なのかと驚きました。映画やドラマの世界だと思っていた世界が、令和の時代の日本で、いまだに議会室という公の場所で行われることに愕然としました」と落胆する。

 また「湯長制度は続けるべきだ」とする町民はこう話す。

「湯長さん含め、時間湯を利用している人たちのほとんどは町外の人でしょう。草津では『草津人でなければ人にあらず』という言葉があるほど、閉鎖的な土地柄なんです。だから問題の本質は、単に町外から来て湯長になった人が時間湯を独占して偉そうにしている、ということに尽きるのではないかな。町長さんは年1回ある時間湯の懇親会(茶話会)にも出ていたし、もともと湯長さんとの関係は悪くなかった。しかし町長さんの取り巻きに一部の旅館関係者がいて、彼らが湯長はけしからんと長年にわたって吹き込んでいた。時間湯が開放されたら、自分たちの商売に利用する狙いもあるんだろう。そうした経緯があって、とくに湯長制度に関心があったわけではない町長さんも、次第に廃止へと傾いていったのではないかな」

 この町民の方は、話をするときも「ここではまずいので」と、人気のない場所に移ってからヒソヒソ声で話し始めたので、ちょっと驚かされた。

 今回の騒動の構図については朧気ながらわかってきたが、ここで置き去りになっているのは、一般の湯治客ではないだろうか。兵庫県から10年以上も時間湯に通っているという湯治客の女性はこう話す。

「町長さんは『湯長制度をなくすだけで時間湯は無料開放して続ける』と仰っていますが、やっぱり湯長さんあっての時間湯なんです。時間湯は高温ということもあって、入浴を指導してくれる湯長さんが必要ですし、湯長さんがいるから私たちも安心して入ることができるんです。私も多くの病院を回ったけど病状はひどくなる一方で、どうしようもなくなってたどり着いたのが草津の時間湯なんです。ですからこれが無くなるとしたら、重い慢性疾患を抱えている私たちは、これからどうすれば良いのでしょうか」

草津温泉は、高温浴もやめて普通の温泉になるのか?

 また黒岩町長をはじめとする湯長制度反対派は「高温浴は効果がないから不要。だから指導する湯長もいらない」と主張している。確かに東洋医学的な療法である高温浴は、その効果についてエビデンス(医学的根拠)に乏しいため、専門家の間でも賛否が大きく分かれている。

 しかしその効果の是非はともかく、湯長を廃止して高温浴もやめるとなれば「42℃くらいの適温の温泉に3分間つかる」ということになるが、これでは日本のどこにでもある普通の温泉の入浴法であり、もはや「時間湯」と呼べなくなってしまうのではないだろうか。

 この点を町長に訊ねると「今後についてはこれから様々な意見を聞いたうえで決めたいと思っていますが、高温浴の危険性については、群馬大学におられた久保田先生から今後も話を聞いていきます」と話す。「久保田先生」とは、かつて草津にあった群馬大学医学部附属病院・草津分院の分院長だった久保田一雄医師のことで、温泉医学の専門家の立場から時間湯の高温浴に反対している一人だ。

 時間湯というのは高温浴だから、入浴指導をする人が必要となる。湯長というのはそのために、湯治客の中から自然発生して成立した歴史をもつ。そう考えれば高温浴と湯長というのは、時間湯にとって切っても切り離せない関係にあることがわかる。だから湯長を廃止するということは、高温浴をやめることにつながるのだろう。

 黒岩町長は「廃止するのは湯長だけで時間湯は残す」と話すが、百歩ゆずって「時間湯=湯長」ではないとしても、「時間湯=高温浴」であることは確かだから、やはり江戸時代末よりつづいた伝統文化・時間湯そのものが形骸化する懸念がある。

 今のところ湯長廃止は既定路線であり、剛腕で知られる黒岩町長がそれを撤回する可能性はほとんどないと言われている。廃止まであと9か月ほど。草津温泉はいま、150年の湯長文化が消滅するか否かの瀬戸際にある。ただ、難病を抱える湯治客が置き去りになる決着だけは、何としても避けてほしいものだ。

写真=松山陽子、上原善広

(上原 善広)