ヤクルト・青木宣親 右太もも付近に死球を受けしばらく立てず

ざっくり言うと

  • 23日の巨人戦で、ヤクルト・青木宣親が4回に、右太もも付近に死球を受けた
  • バッターボックス付近に倒れ、しばらく立ち上がれずにいた青木
  • 様子を見た後でプレーに復帰したが、今後への影響が懸念されるとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x