レーシックで失明寸前に 銀座眼科の集団感染事件の被害者が語る

ざっくり言うと

  • レーシック手術で左目が失明寸前の状態にまで陥った漫画家が語っている
  • 2008〜09年に起こった銀座眼科の集団感染事件の被害者のひとりだという
  • 手術から2週間ほどで左目に激痛が走り、手術が原因の感染症と判明したとも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング