市原隼人、芦名星
 '09年に日本テレビ系で放送されたテレビドラマの劇場版「猿ロックTHE MOVIE」。市原隼人演じる“サル”のちょっぴりバカで明るいキャラクターはドラマのままに、小西真奈美、比嘉愛未という新しいキャラクターが加わった事が話題となり、現在もヒットを続けている。今回は主演の市原と“サル”の幼馴染を演じた芦名星に映画の撮影秘話や、自身の友達の事など話を聞いた。

――ドラマから映画に進化をした「猿ロックTHE MOVIE」ですが、最初に脚本を読んだ時の感想を教えてください。

市原隼人(以下、市原):一つのトランクを巡って、走り回るシーンがすごく多いという点と、警察やヤクザが出てきたりすごくスケールが大きくなったな、と思いました。でも、"サル"のピュアで真っ直ぐな部分はドラマから変わって無くて嬉しかったですね。

芦名星(以下、芦名):ドラマの時って、色々とトラブルはあっても狭い範囲で起こっていたのに、映画では深い部分に首を突っ込んでしまうサルがいました。下町で育って仲良く過ごしていた、幼馴染4人が、大きな世界にぶち当たるという設定が面白いと思いました。

――サルは、「バカで、真っ直ぐで、女に目が無い」という部分が可愛らしくて魅力的なキャラクターだと思うのですが、市原さんが共通している部分はありますか?

市原:全部当てはまるんじゃないですかね(笑)。小さな頃って初めて見るものに対しての感動がすごくあったけど、大人になると「まあこんなものんか」という気持ちで、目の前のものを見てしまう。でも、サルは常に真っ直ぐな気持ちで、対等に目の前にあるものを信じて、相手の心を見る事が出来る。格好良いですよね。

――芦名さんから見た、市原さんとサルの共通点はいかがですか?

芦名:隼人くん自身も常に真っ直ぐで、突き進んでいる人なんです。撮影中も、集中したい時は「ウオーっ!」っていきなり叫んで周りを驚かせたり(笑)。私も最初は驚きましたが、最後には「またやってるよ〜」って感じでしたね(笑)。

市原:「猿ロック THE MOVIE」は撮影中からも本当雰囲気が暖かくて、変な事言っても許されるかなって(笑)。

芦名:ビックリしちゃいますよね(笑)。でも、ドラマ、映画の雰囲気そのままに4人はとても仲が良かったです。

――本当に4人の仲良しな掛け合いが「猿ロック」の魅力の一つですよね。お2人は、映画の4人組の様なお友達はいますか?

市原:地元の友達と今でもずっと遊んでいます。小学校、中学校からの友達がいて、言いたいことはすべて言う。でも何を言っても、その言葉に対してカチンとくるわけでもないし、愛があるなって思えるんですよね。

――集合して、どんな遊びをするのですか?

市原:皆バラバラなんですよ。俺が「焼きそば食いたいんだけど」って言っても、誰かが「焼肉が食べたい」って言ったら、「じゃあ、食ってからまた集合するか」みたいな(笑)。全く違う事をしていても、どこかで繋がっているんです。

芦名:私も、大人数で会う事はあまり無いけど、何でも話せて、言いたい事を言える友達はいますね。

――"心のカギを開く"という言葉がこの映画のキーワードだと思いますが、市原さんはこの言葉をどう感じますか?

市原:心のカギって開けられた時に気付く物じゃないかと思います。目には見えないものだけど、誰かがふと開けてくれた時に気付く。例えば、僕が友達に対して「お前もっと頑張れるはずなのに、どうしてやらないんだよ」と言ったとしたら、そこで自分も新しい自分に出会えると思うんです。人のために何かしたいっていう気持ちを開けてもらったり、地元の友達には、いつもカギを開けてもらっています。

芦名:私は、心のカギって、その人の弱い部分だと思います。プラスのことは発信するけど、マイナスなことは心に秘める。そういうことは、たぶん生きていれば誰にでもあるし、どんな環境にいたとしても、必ずしも全てをさらけだして生きているわけじゃないと思うし。そんな中、「この人にだったら」と心を動かされる人物ってそんなにいないですよね。だから短時間で、人の心のカギを開けてしまうサルというキャラクターは本当に素晴らしいのだと思います。

――比嘉愛未さん演じるマユミも、結果的にそんなサルに心を開いていましたね。

市原:人って鏡だと思うんです。向こうに嫌われたら、こっちも受け付けないし、逆に好かれたらこっちも好きになると思う。サルは、いつも温かい目で周りを見ているので、周りもサルを温かい目で見てくれるのかな。

「猿ロック THE MOVIE」ストーリー

"サル"こと猿丸耶太郎(市原隼人)は、下町の商店街に暮らす天才カギ師。彼の弱点は、とにかく女に目がないこと。ある日、マユミと名乗る謎の美女(比嘉愛未)の依頼でスポーツクラブの金庫を開ける事になる。彼女は記憶障害で番号を忘れたというが、鍵を開けると、そこにはトランクが。何気なく取り出すが、実はそれは、数日前に銀行から盗まれたものだった。そんな事情は全く知らないサルは、すぐにヤクザに追われることになる。訳のわからないまま逃げ出すが、それでもマユミを守ることを約束。だが、事はそれだけでは収まらず、警察からも指名手配を受けてしまう。一体この女は何者なのか?サルの運命はどうなるのか?そして、マユミとの約束を守れるのか?

猿ロック THE MOVIE - 作品情報