小岩井フルーツ

写真拡大

小岩井乳業(東京都中野区)が販売する瓶入りの乳飲料「小岩井フルーツ」が2020年10月31日で終売となる。銭湯関係者のツイッター投稿をうけ、J-CASTニュースが確認したところ、同社が13日に終売を認めた。

"フルーツ牛乳"をめぐっては、明治(東京都中央区)の「明治フルーツ」も昨年に撤退していた。

「世の中からどんどんフルーツ牛乳が消えていく」

小岩井フルーツは、定番の「牛乳」「コーヒー」の新たなラインアップとして2012年に発売された。牛乳販売店向けに販売され、温浴施設などに卸されていた。

牛乳のまろやかな風味に、オレンジ、パインアップル、バナナの果汁が5%加わり、爽やかな後味が特徴だった。

小岩井乳業の広報担当者は終売の理由を「もともと極端な(販売)ボリュームがあったわけではなく、嗜好性の高い商品でしたが、役目を終える時がきたと判断いたしました。私どもとしても苦渋の決断でした」と苦悩をにじませる。

明治の清涼飲料水「明治フルーツ」も昨19年4月に終売していた。同社は当時の取材に「お客さまの健康志向の高まりにより、当該商品のように嗜好を特長とする商品は、苦戦を続けてきました」と中期的な売り上げ不振を理由に挙げていた。

SNS上では「世の中からどんどんフルーツ牛乳が消えていく......」「温泉や銭湯に行ったらフルーツ牛乳が楽しみなのに」と惜しむ声が相次いでおり、広報担当者は「そういうお言葉には感謝とともに、辛いところもございます」と話した。