“女医”は婚活市場では弱者。高学歴・高収入の女に世の中の男はだいたい引いてしまう(写真はイメージです)

写真拡大

 許されないと分かっていながら、人はなぜ不倫してしまうのか。不倫している人びとの声から、恋愛指南の著書多数の二村ヒトシがひもといていく。2人目の不倫当事者は、都内の総合病院に勤務する小児科医の島田祥子先生(仮名・40歳)。真面目で優しそうで、不倫などとは縁がなさそうな彼女が、同僚の既婚医師・中川祐二先生(仮名・42歳)との関係から思いがけず得たものとは。

 バックナンバーはこちら https://www.dailyshincho.jp/spe/nimura/
 
 ***

「大きい病院は不倫だらけ」は本当だった

二村:祥子さんは小児科のお医者さんで独身、相手には奥さんとお子さんがいるということですが。向こうもお医者さんで、職場の同僚なんですってね。

“女医”は婚活市場では弱者。高学歴・高収入の女に世の中の男はだいたい引いてしまう(写真はイメージです)

祥子さん:はい、私も彼も同じ総合病院勤務で、彼は内科医です。今の関係になってそろそろ1年くらいですかね。

二村:同じ病院で働いてる医療関係者同士の不倫って多いって聞きますけど、そうなんですか? ほとんどが既婚の男性ドクターと若い女性看護師さんってケースのようですが。そして、たいがいは周囲にもバレバレだっていう。

祥子さん:他の病院のことは分かりませんけど、知り合いの医者からもそういう話はよく聞きますし、バレてるっていうのも込みでそうなんでしょうね。それこそ私がつきあってる中川なんて、うちの病院の中で手が早いって有名で、複数のナースたち相手にさんざん遊んでいたし、私と彼がそういう関係になったのも、その順番がたまたま回ってきただけって感じですから(笑)。

二村:そんな男性と、よくそんな気になりましたね。それだけ惚れちゃったんですか?

祥子さん:惚れたというよりは、医者として尊敬していたし、憧れてもいましたね。大きい病院って外科が花形ですけど、彼は地味な仕事をきちんとこなして患者さんたちに感謝され、病院の評判を上げつつ収益も上げ、仕事への情熱や向上心も人一倍あって。ただ女癖だけが悪くて(笑)。

二村:そのせいで精神的に病んでいく女性たちを、祥子さんは職場で間近で見ていたんでしょう? 自分も同じ目に遭うとは思わなかった?

祥子さん:最初はそういう不安も少しありました。でも男女の関係になってしばらく経っても、よくある「いつ奥さんと別れてくれるのかな」みたいな感情が、私の方に全く湧いてこなかったんですよ。それで、これなら続けても平気だな、って思っちゃって。

二村:それって、祥子さんが「男に都合のいい、できた女」だったってことなんですかね。それとも社会的な立場が対等っていうか、祥子さんがお医者さんだからなんですかね。

祥子さん:後者のような気がします。こんなこと言ったら医者と不倫してるナースに怒られるんですけど、私は一応、経済的に彼に依存しなくて済んでいます。会うときは外食もホテルもワリカンです。私は一人住まいなんですけど、もてなす感じになったり泊まられたりするのがイヤなので家には招きません。結婚してほしいなんてまったく思わないし、奥さんにこっちの存在をチラつかせるなんてとんでもない。お互いの生活が安定して、いいコンディションで仕事ができることが優先です。

二村:結婚願望はもともとなかったんですか。

祥子さん:一応はありましたけど、医者って一人前になるまでに何年もかかるし、私はそんなに要領のいいほうでもないので、若い頃は仕事ばかりしてたんです。で「いい加減そろそろ」と思った時にはまわりには既婚者しかいなくなってました。婚活もしてみましたけどピンとくる人がいなかったし、恋愛のかけひきとかも今さら面倒で。

二村:女医さんって、同業以外の男と結婚しようと思ったら逆にけっこう大変なんじゃないですか? 高学歴・高収入の女に世の中の男はだいたい引いてしまうでしょう?

祥子さん:まさにそうなんです。“女医”って響きを最初は面白がるけど、それだけ。婚活市場では弱者ですね。華やかな生活が好きな女医はバツイチの経営者とかと結婚してて、私もそういう人を紹介されたことありましたけど、その人はなんだかなあって印象で……。結婚に真剣な女性は、出産の年齢的なリミットがあるからというのも大きいと思うんですが、私の場合は子どもを可愛がりたいって気持ちも仕事で埋めることができたっていうか。

二村:ああ、お仕事で、毎日子どもたちと触れ合っているから。

祥子さん:私、小児科医って仕事が好きなんですよね。長く通院したり入院したりすると子どももなついてくれるし、そういう子を親御さんの代わりに叱ることも結構あるんです。でも、もしこれが自分で産んだ子だったら、逆に叱れないと思うんですよ、甘やかしちゃって。重篤なアレルギーがある子の親御さんとお話しとかすると、本当に頭が下がりますし。あと私は妹がいるんですが、専業主婦で、子どもが3人いるんです。しかも実家のそばに住んでいるので、親もメロメロで。

二村:ご両親の「孫が欲しい」って気持ちも埋まっちゃったんだ。妹さんによって、祥子さんの娘としての役割が、ひとつ終わっちゃったんだね。

祥子さん:もちろん妹には感謝してますよ、親に寂しい思いをさせずに済んだので。でもやっぱり妹も大変そうだし、そういう姿を見聞きすればするほど「自分にはできない」「私は私のできることを、得意なことをやればいいのかな」って思うようになりました。こんなに大変な思いをするために、これから結婚できる相手を探して、さらに高齢出産や不妊治療を頑張る気にはなれないな、というのが正直なところですね。

アラフォーで初めて「気持ちいい」を知った

二村:将来の約束も子どもも経済力もいらない、妻という立場への嫉妬もないとなったら、そりゃお相手は既婚者のほうがラクですよね。そうすると、祥子さんと彼は「体のつながり」だけってことですか。

祥子さん:というか私、若い頃はそもそもあまりそれが好きじゃなくて。今の彼で初めて気持ちいいと思えたんですね。40手前でやっと分かったなんてお恥ずかしい話ですけど。

二村:いやいや、そういう女性は多いですよ。あなただけじゃないでしょう。

祥子さん:最初は私があまりにあっさりしているものだから、彼も戸惑ったと思います。でも彼はそこで諦めなかったんですよね。もともと女性が大好きな人だから、私の反応が薄いことで逆に火がついたみたい。気持ちいいところをゆっくり時間をかけていろいろ探してくれて、しつこいけど優しかったんです。それでだんだん私も反応するようになって。

二村:医者のはエロいって話がありますよね。

祥子さん:はあ、そうなんですかね(笑)。あとはやっぱり、痛くなかったというのが大きかったかな。経験人数は人並みにあるつもりですけど、それまでの人は全員、何回やっても痛かったんです。相手が終わるまで、ただただ忍耐の時間で。

二村:「痛い」という女性は本当にいっぱいいるんですよ。そういう女性たちは、男がコンプレックスを抱きがちな大きさだの持久力だのは全然求めていないみたいですね。

祥子さん:まったくないですね。さすがに面と向かっては言えませんけどね、男性はそこにこだわってるみたいだから。

二村:機能にはあんまり自信のない男のほうが、女性の反応をよく見ながらあれこれ工夫を凝らすから結果的に評価が高くなるっていう事例もありますね。でも、よかったじゃないですか。不倫はさておき、アラフォーで初めて気持ちよさに目覚めるなんて、それは世の中のあまり感じない女性に夢を持たせる話ですよ。若い頃はどうだったんですか? 性的なことはあまりお好きではないと自覚しながらも、恋愛はしていたんですよね。

祥子さん:そうですね。男性を嫌いとか、怖いと思うことはなかったんですが、性的な目で見られることにはちょっと抵抗があったかな。

二村:異性に身体を触れられることも好きではなかった?

祥子さん:好きな人とイチャイチャするのは好きでしたよ。ただ、いわゆる快感というものが本当に分からなかったんですよね。

二村:一人ではやってみました?

祥子さん:何度かしてみたことはありますけど、正直よくわからなかったです。

二村:若い頃の祥子さんは、たまたまそういう時期だったってことですよね。相手の身体を受け入れたくなかったし、自分の身体にもそんなに触りたくなかった。で、それも決して特殊なことではないんです。そういう女性は世の中にいっぱいいます。

大人になって甦った幼少期の“傷”

祥子さん:罪悪感があったのかもしれないですね。とか言って、いま不倫してることには全く罪悪感ないんですけど。昔一人で試してみた時も、何だかいけないことしてる気分になって止めちゃったんですよ。

二村:学生時代はどうでした?

祥子さん:地元は荒っぽい男の子が多い地域で、女の子も“不良っぽい男子と付き合ってるのがステイタス”みたいな。私はそういうオラオラした感じが本当に苦手で。高校は絶対に地元から離れた進学校にしようと思って勉強がんばりました。

二村:じゃあ電車通学だ。痴漢には遭いました?

祥子さん:めちゃくちゃ遭いました。高校生の頃はちょうどコギャルブームでしたけど、私はスカートの長さはわりと普通だったんです。それでも狙われました。かえって「おとなしそうだから痴漢しやすい」と思われたのかもしれませんね。

二村:それこそ毎日って感じ?

祥子さん:毎日ではないけど、一時期、同じ人に付け狙われたことはあります。駅のホームのどこにもいなかったし、車内にいないことも乗る前にちゃんと確認したはずなのに、ドアが閉まった瞬間、なぜかすぐ横にいるんですよ……。あれは怖かった。あとは若くていいスーツを着た、見た感じはイケメンとか言われそうなサラリーマンが、にやにやしながらパンツの中に指入れてきたりとか。

二村:なぜここで痴漢の話を出したかというと、若い頃の痴漢被害によって、性行為そのものが嫌いになってしまったっていう女性が少なくないからで。

祥子さん:それはすごくわかります。痴漢に遭っていたのはもう20年以上前の話だけど、その時の指の感覚や目つきの気持ち悪さはいまだに覚えていますから。……それでいうと、実は私、小さい頃に男の人からイタズラされたことがあるんです。今はイタズラなんて言わないか、性的虐待ですね。

二村:それは何歳ぐらいの話? 

祥子さん:小学1年生の時です。家の近所を歩いていたら知らない男の人に「ちょっと手伝ってくれる?」って声をかけられて。知らない人についていっちゃダメっていつも親から言われてはいたけど、その犯人がかなり若かったんですよね。高校生かな、いとこのお兄ちゃんたちと同じくらいだなって思ったのを覚えてます。それで疑いもせずついて行っちゃった。よく1階が駐車場、2階が住居になったお家があるじゃないですか。その駐車場の奥、道路から死角になった車の陰に連れていかれて。

二村:祥子さんとしては、今、僕にその話をしていることは大丈夫ですか?

祥子さん:ああ、それは大丈夫です。何をされたかはだいたい覚えているけど、本当にただ記憶があるだけ、って感じなんですよ。思い出すと苦しいとか、あの時と同じようなことをすると当時の情景がフラッシュバックする、みたいなことはなくて。その点、私はまだ運がよかったと思います。ただ、似たような女の子の悲惨なニュースを見た時はやっぱりすごく嫌な気持ちになりますね。自分がされたことの惨たらしさを、違う子の姿を介して思い知らされるというか。

二村:悔しいよね。痛みは癒えても、心の傷はずっと残るわけだから。

祥子さん:子どもの頃は傷とも思っていなかったんですけどね。それが、自分は性の楽しさや気持ちよさを味わってないって自覚した時に、私の中でつながっちゃったんです。昔あんなことをされたから、大人になっても快感を得られない身体になっちゃったのかな、って。そう思うと本当に悔しかったです。私は人生の大きな喜びのひとつを、あんな身勝手で最低な人間に奪われてしまったのか、と。誰もが分かる普通のことが分からないということも、自分は人として何かが欠落しているように思えましたし。

二村:まあ、誰もが気持ちよく楽しめているわけではないんだけどさ。でも、そう思っちゃいますよね。

祥子さん:だから彼と付き合って、気持ちいいとはどういうことか分かった時は、自分に欠けていたものがやっと埋まった気がしました。彼とはまだしばらく一緒にいるつもりだけど、私としてはいつ別れることになっても大丈夫。未練も後悔もないです。だってもう十分すぎるものを与えてもらいましたから。

 ***

――AVが痴漢のトリガーになっているのではないか、という議論がある。僕としては本当に困った話なのだが、しかし自分の加害行為によって女性のほうも気持ちよくなっているのだ、喜んでるのだと思い込んでる愚かな痴漢も実際にいる。高校生の祥子さんに痴漢を働いた男が「にやにやしていた」のも、そういう身勝手な幻想に囚われていたのだろう。

 痴漢は重大な犯罪だ。なのに痴漢逮捕のニュースが流れると決まって「女性の服装にも問題があった」とか、加害者を擁護するような意見が出るのは何故なのか。“痴漢されても仕方ない服装”って? 教えてほしい。

 痴漢のような、まだまだ社会で軽視されがちな性暴力によって、その後の人生で性を楽しめなくなってしまう女性がたくさんいることは世間にもっと知られるべきだし、その被害は女性だけにとどまるものではない。僕は、現実の痴漢に対しては男性こそもっと怒るべきだと思っている。

 身体以外は一切求めない、ある意味“健全な”不倫によって救いを得た祥子さん。だが救われたのは彼女だけではなかったようだ。次回は、かつては若い看護師との不倫を繰り返していたという祐二さんの変化にスポットを当てる。

〈次回につづく〉

二村ヒトシ(にむら・ひとし)
1964年生まれ。慶應義塾大学中退。本業はインターネットで検索してみてください。著書に『すべてはモテるためである』『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』『あなたの恋がでてくる映画』、共著に『欲望会議』『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』『オトコのカラダはキモチいい』ほか。

構成・文/山崎恵

2019年12月3日 掲載