羽生結弦が3年ぶりGPファイナル出場へ「銀メダルでは意味がない」

ざっくり言うと

  • 2018年の世界選手権でネイサン・チェンに敗れ、2位となった羽生結弦
  • 23日にNHK杯で優勝し、3年ぶりにGPファイナルへの出場を決めた
  • 「やっぱり勝ちたい」と話し、銀メダルでは「意味がない」と意気込んだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x