押収された大麻草(長野県警上田署提供)

 長野県警上田署は2日、同県上田市の河川敷で大麻を栽培したとして、大麻取締法違反(栽培)の疑いで、同市中丸子、看護師福沢貴春容疑者(40)を現行犯逮捕したと発表した。逮捕は8月22日。

 逮捕容疑は今年7月18日ごろ〜8月22日、市内を流れる千曲川の河川敷で大麻を栽培した疑い。

 署によると、近くの住民から「大麻のようなものが生えている」との通報があり発覚。現場で警戒していた署員が様子を見に来た福沢容疑者を逮捕した。署は、付近に生えていた大麻草約20本を押収し、栽培の目的などを調べている。