「食物繊維」で腸を整えよう!

写真拡大 (全2枚)

 消化に吸収にとがんばっている腸を整えてあげましょう!

 整腸効果として有名な『食物繊維』。

 私たちの身体にどんな働きがあるのか紹介します!

・今すぐ読みたい→
下痢よさらば!ストレスからくる下痢の傾向と対策 https://cocokara-next.com/stress/stress_diarrhea/

食物繊維の働き

●排便をスムーズに

●腸の環境を整える

●生活習慣病の予防

食物繊維は2 種類あるのをご存知ですか! ?


水に溶ける「水溶性食物繊維」
海藻類、こんにゃく、果物のほかに、里いもやモロヘイヤなどネバネバしたものに多く含まれています。

◆便を柔らかくしてくれる効果があります。

◆糖質、コレステロール、塩分の吸収を抑え、肥満になるのを防いだり、血糖値の急上昇を防いだり、高血圧が気になる方にも良い働きがあります。

◆善玉菌を増やし、腸内環境を改善してくれます。便秘や下痢の改善効果があります。

◆有害物質を吸着し、便として排出するよう促す働きがあります。

◆水溶性食物繊維はゲル状なので腸の粘膜を守ります。

水に溶けない「不溶性食物繊維」
穀類(ライ麦・玄米・そば)、野菜(ごぼう・レンコン)、豆類など、繊維の多いものに多く含まれています。

◆消化されにくく、繊維が便のカサを増やすことで、腸管や腸壁が刺激され蠕動運動が活発になります。

◆腸内で大きく膨らむので、満腹感を得やすく、食べ過ぎ、肥満防止に繋がります。

◆よく噛むことで食べ過ぎを防止し、あごの発育を促します。

 日本人は食物繊維の摂取量が少ないと言われています。食事摂取基準においては、成人男性で20g/日、女性18g/日とされていますので、ごぼう1本で一日の半分の量が摂れちゃうのです!

 腸内環境、及び、生活習慣病予防のためにも、食物繊維を意識的に摂るようにしましょう!

【監修】
スポーツクラブNAS
管理栄養士
石川友理

「けんこうフィットNEWS - 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
下痢よさらば!ストレスからくる下痢の傾向と対策 https://cocokara-next.com/stress/stress_diarrhea/