1日1セットの実践でくびれメイク。簡単ポーズで脇腹&太もも裏を引き締めて

写真拡大 (全2枚)


夏に向けて解決したいポイントにウエスト周りの“たるみ”を挙げる方は少なくありません。そんな“たるみ”の出やすい脇腹を引き締め、くびれを備えたウエストを実現するために役立てたいヨガの簡単ポーズが「ハイランジ」です。

グッとウエストをねじって行うこのボーズは腹斜筋に効果的にアプローチできるのでくびれメイクに役立つのはもちろん、ハムストリング筋(太もも裏の筋肉)や体幹の強化にもつながります。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

|くびれメイク&足腰や体幹の強化に効く「ハイランジ」

(1)四つん這いになり、足の裏を床につけた状態で骨盤を上げていく ※頭は二の腕の間に入れ、背筋を真っ直ぐキープするダウンドッグの姿勢になります
(2)右脚を大きく踏み出し、右膝を曲げて左脚を真っ直ぐ伸ばす
(3)両腕を頭上に真っ直ぐ伸ばして合掌してそのまま胸の前に移動させ、左の上腕を右太ももの上に置き、上体をねじって2呼吸キープして元に戻す ※目線は真上に向けます

キープが終わったら逆側も同様に行い、元の四つん這いの姿勢に戻ります。

 

なお、期待した効果をしっかり得るためには、ポーズのキープ時に「後ろ脚と背中を真っ直ぐな状態を保つ」ことになります。

上写真のように「後ろ脚や背中が曲がった状態」とならないよう注意してください。

 

「ハイランジ」は“毎日続けること”はもちろん大切ですし、「ダウンドッグ」がスタートになるポーズなので、「ワンレッグ・ダウンドッグ」や「サソリのポーズ」、「サイド・アングル」、「リバースウォーリア」などのポーズを組合せて連続で行うのもオススメです。ぜひ無理のない範囲で習慣化して、くびれメイクや下半身の引き締めに役立ててくださいね。<text:本田香 photo:カトウキギ ヨガ監修:YUKIE(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴4年/元プロバレリーナ)>