突然の自殺「ある自殺は加害だった。非常に最終的な形の加害だった」朴元淳(パク・ウォンスン)前ソウル市長の突然の自殺後、韓国のSNSで流行っている文章だ。この文章の出所は、チョン·セラン氏の小説「視線(シソン)から、」。3代にわたる女性の人生を通じて韓国社会で行われる女性への暴力と抑圧を描き、「愛」の視線から問題を解き明かそうとした作品だ。今年6月に出版されてから高い人気を集めるこの小説は、朴前市長